映画日記 NO.3

f0065768_16412654.jpg

ワンコたちに『高い 高~い』をして、
うれしいのは 犬ではなく カビゴンパパだと思う。







先週末、お正月のリベンジで箱根に行ってきました。
今度こそ温泉三昧!!
あとは映画でもゆっくり見ようと
たまっていたDVDを3枚も持っていったんですけどね、
結局1枚も見ずに帰って来てしまいました。
(気がついたら持っていった本も開きもしませんでした)

三日間そんな風に過ごしていたら
なんだか妙に頭の中がすっきりしてきて・・・(笑)
ここ二ヶ月、春休みだったので
ここぞとばかりにあれこれ詰め込みすぎていたのかもしれません。

4月に入り、昨日から授業も始まったので
読書も映画もひとまずペースダウン。
しばらくはまた、教科書を詰め込む作業に没頭します^^。





さて、映画日記です。
1作目・・・『ジェネラル・ルージュの凱旋』

f0065768_1634223.jpg

この映画、めちゃめちゃ面白いです!
自信を持っておススメします。
何を見ようか迷っていたら、ぜひこの映画をどうぞ。
一応『チーム・バチスタの栄光』の続編ということになっていますが
1作目を見ていなくても全然大丈夫。
(ワタシも見ていないし、原作も読んでいない)
病院内での贈収賄事件と見せかけて、
その裏にはもっともっと隠された秘密があり・・・(以下ネタばれになるため自粛)

泣ける映画ではありませんが、
感動できる映画です。
原作の作者である海堂尊が医師であるだけあって
医療現場の描写や救命救急医療をめぐる問題提起はとてもリアル。
厚生労働省の役人役の阿部 寛のすっ呆けた演技と
ボケ~ッとした心療内科医役の竹内結子がはまり役。

この人悪役だろうな・・・と思った人はちゃんと悪い人で
ちょっとだけ悪い人だろうなぁ・・・と思った人はちゃんと少しだけ悪い人で(笑)
とっても分かりやすいキャスティングがされているのも
ジェットコースターのような終盤を盛り上げるのに
一役買っています。

大ヒット中の『おくりびと』より心に残る作品でした。






2作目・・・『ホノカアボーイ』

f0065768_22572812.jpg

『かもめ食堂』は北欧の街が舞台になっていましたが
この『ホノカアボーイ』は南の島が舞台です。
そして両者に共通するのが
美味しそうな料理と、その料理が人の優しさを運んでくるところ。

ハワイにある日系人の島『ホノカア島』
そこにやってきた大学生(休学中・おまけに失恋中)の男の子と
ちょっと変わり者だけど優しい島の人達との暮らしを描いています。

惚れた腫れたの男女の恋愛ではなくて、
もっともっと大きな愛情が
この映画にはたくさん詰まっています。
そして見終わったあとには、
大切な人にめいっぱい心を込めてご飯を作ってあげたくなりますよ。
(特にロールキャベツ♪)

心地よいハワイの風に吹かれて
ウトウトお昼寝をしているような
そんな夢見心地になれる映画でした。
おススメです。







3作目・・・『Sweet Rain 死神の精度』(DVDで鑑賞)

f0065768_2135299.jpg

死神役の金城武がとってもキュート。
日本語がイマイチ下手で、“ミュージック”が大好きなイケメン死神。
彼は死がせまった人間に接触し
その人間が本当に命を落としてもいいのかどうかを最終確認するのがお仕事。
死神が接触する3人の人間がそれぞれオムニバス形式で登場します。
そして最後には『おぉ!』とちょっとびっくりする
お楽しみがしかけてありますよ。
題名のイメージよりずっとコミカルでおススメです。





4作目・・・『結婚しようよ』(DVDで鑑賞)

f0065768_2084433.jpg

映画のストーリーはまぁいいとして(・・・?)
この映画は吉田拓郎の歌のために作られた映画です。
吉田拓郎の大ファンであると言う監督が
思い入れたっぷりに作った作品だけあって
要所要所に流れてくる拓郎節が、いい!すごくいい!
ワタシの世代だと”拓郎”と言われてもイマイチピンとこないのですが
拓郎に熱狂した団塊の世代と言われる方々だったら
たまらないのではないでしょうか。
ワタクシ個人的には
三宅裕司の次女役で出演していた中ノ森BANDのAYAKOが歌う
パンチのきいた『優しい悪魔』にノックアウトされました。
面白かったですよ♪







5作目・・・『長い長い殺人』(DVDで鑑賞)

f0065768_17144055.jpg

宮部みゆき原作のベストセラー小説を映像化したもの。
見終わって、
『これって、映画館よりDVDで見たほうが面白いかも・・・』
と思ったら、
WOWOWがTV放送用に作ったドラマでした。
(どうりで2時間ドラマっぽいと思った^^)

面白いです。
ワタシは原作を読んでいなかったので
謎解きも含めて楽しめました。
3話のオムニバス形式で、
それぞれの登場人物の持ち物である『財布』が語り手となり
話が進んでいきます。
なんてったって探偵役の仲村トオル、かっこ良すぎですから!





6作目・・・『KIDS』(DVDで鑑賞)

f0065768_22284940.jpg

子どもの頃に受けた心の傷と身体の傷がテーマのお話。
主役が小池徹平と玉木宏だし題名が『KIDS』だし
なんとなくホワホワした話を期待して見始めたら
あららら・・・・、
重いし暗いし、とっても痛そうだし。
なにしろ超能力を持った徹平君は、
他人の傷を自分に移し変えることができるため
次から次へと他人の傷を引き受けてしまうのだ。
なぜ彼がそんな行動をせずにはいられないのか、
その理由が徐々に明らかになっていきます。
希望が持てる終わり方にもかかわらず、
見終わったあとの疲労感はなんなんだ。。。?
とくにおススメは・・・しません(笑)
Commented by カビゴンパパ at 2009-04-02 22:43 x
 正月のリベンジできましたか?
しかし「ワンコと青い空・箱根の山」のはずが、まさか「高い 高~い」
が好きなオジサンになっていたとは今更ながら驚きました。
 かつこんなにムービー&DVD鑑賞していたなんて・・・
カビは一つも一緒に見ていないではありませんか。
ささやかながら抗議させて頂きます。 
Commented by のんのんママ at 2009-04-02 23:07 x
箱根いいですね~!!
カビ様、青空と山と「高い高~い」がとてもお似合いで、
コレも映画の一場面かと思いましたよ(笑)

ジェネラルルージュ、私も見たいと思ってました。
バチスタも見てないんですよ~。
安部ちゃん(友達かっ)が白鳥さんなのね!
小説ではぼ~っとした心療内科の医師は男性の設定だけど
映画では竹内結子が演じたはるのね。
堺正人さんがジェネラル(速水医師)の役なのかな??
こないだこのシリーズの「ナイチンゲールの沈黙」を読みました。
なんだかね・・・話がどんどんSFっぽくなっていってね、
あれは頂けませんでした(泣)

「ホノカアボーイ」
コレも見たいです!!
内容もさることながら、風景とかお部屋の中とか
色んな物を眺めたいです~~!!
Commented by nyanko4116 at 2009-04-04 22:49
>カビゴンパパさま
あまりにもワンコを「高い高~い」する姿が
うれしそうだったので
のせてしまいましたわ。
幸せそうなお顔がお見せできないのが残念です。

映画行きます?
では、『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』か『ビバリーヒルズ・チワワ』あたりですかね。
Commented by nyanko4116 at 2009-04-04 22:59
>のんのんママさま
お正月に泊まった宿と違って、
箱根でも下界に近い方だったので
景色はイマイチでしたが
念願の温泉リベンジはできました。

ジェネラルルージュ、まったく期待せず見たのですが
いやあ~面白かったです。
堺正人演じる速水医師、いい味出していましたよ。

ホノカアボーイ、『かもめ食堂』好きの人には
おススメできると思います。
エンディングにかかるキョンキョンの歌が
と~ってもよいのですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2009-04-02 17:51 | 映画日記 | Comments(4)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る