ななチンのこと。

f0065768_23152396.jpg

早朝から、家の前をお散歩するワンコたちを威嚇しまくる
チワワ警備隊、隊長&副隊長。







軽井沢で左後ろ足を痛めてしまったななチンでしたが
10日ほど前に今度は右足をひどく痛めてしまいました。

その場にいたカビゴンパパによると、
ソファに飛び乗ろうとして失敗し、『キャイン!』と鳴いたあと
右足が動かなくなってしまったんだとか。。。

f0065768_23234862.jpg

今度は重症のようで、
ひよこハウスに入ったっきりまったく動けなくなってしまいました。
二日目まではごはんもトイレも抱っこして移動させていたほど。
歩こうとしても後ろ足が立たないようでした。

三日目には時々ひよこハウスから出てくるようになり
四日目にゆっくり歩けるようになり
五日目でごはんを見ると自分から近寄ってくるようになりました。
その後は少しずつ回復し、
今朝『ワンワン!』と大きな声で鳴いているので
『何かな~?』と思ってのぞいて見たら
椅子の上に乗ってチワワ警備隊副隊長の任務についているのを発見し
びっくり!!
おお慌てで(写真を撮ってから(笑))椅子からおろしました。




f0065768_23382636.jpg

怪我をしてすぐに、カビゴンパパがななチンを病院に連れて行ったのですが
なんとカビゴン、院長先生とけんかをして帰ってきました(汗)
カビゴンパパの言い分では、

・この院長は、痛がっているななチンに声もかけず良く診もせず
 冷たい顔で『手術ですね』と言い放った。
・カビゴンパパが手術と言われて、考え込んでいると
 『手術するのと、しないで関節炎になって歩けなくなるのとどっちがいいのか』と言った。
(カビゴンパパは、『歩けなくなるほうがいいなんて言うわけないだろ!』とこのへんからブチ切れ始める)
・『どうします?痛み止めとかっ!』と、院長もかなり不機嫌になる
・『いりません!』と言い捨て、診察室を後にする。

・・・・気持ちはわかるけどさー、
痛み止めくらいもらってきておくれよ(泣)

カビゴンパパ、ワンコのことになると
理性を失くしますからね。

f0065768_23491534.jpg


今は家の中で歩くのに不自由はないようなのですが
走り回ったり、ろくチンと遊んだりすることができなくなってしまいました。
ろくチンはいくら『遊ぼう!』と誘っても
ひよこハウスに入ってしまうななチンを見て、とっても淋しそう。
『なんで?』という顔で私を見上げます。

ななチンの膝は膝蓋骨脱臼のグレード3なのだそうです。
家の中で普通に過ごす分には今のところ支障もありませんが
元の様に走り回ったりするには手術をしないとダメかもしれません。

でも痛い思いをして手術をしても再発したり
最悪の場合は麻酔が醒めなかったり
リスクも小さいとは言えません。

膝や椎間板ヘルニアの名医と言われる獣医さんを見つけたので
これからセカンド・オピニオン、サード・オピニオンを受けて
ななチンにとって何が一番いいのか
ゆっくり考えたいと思います。





すっかり大人しくなったななチンですが・・・


f0065768_06507.jpg

寝相は相変わらずです(笑)







f0065768_095478.jpg

ななチンのお膝から、
痛いの痛いの、飛んでいけー!
Commented by もくま at 2009-09-02 02:25 x
膝はかなり辛いですね…

ななチンが早く回復できるよう、陰ながらお祈りしております。
Commented by mamemama at 2009-09-02 10:07 x
なんなんですか、その獣医さんの対応。
パパさん怒って当然です。
痛がってるわが子目の前にそんなこと言われたら、
理性なくして当然です。

ななチン本人がどうしたいのか、じっくり話し合えればいいんですけど。
言葉の壁をなんともできないのが、本当に辛いところですね。

いい獣医さんと出会って、納得のいく答がみつかるといいですね。
お大事にしてください。


Commented by のんのんママ at 2009-09-02 22:49 x
ななチン!かわいそう事になってたんですね!(泣)
なんとか歩けるようになったことは、とりあえずは良かったです。
今は痛みは引いてるのかな。
それにしてもその獣医さん、愛情のなさを感じるねぇ。
カビ様、よほど腹立たれたのね。
私もこんな獣医さんに当たったら、きっとカビ様のように
ブチ切れるでしょう(笑)
チワワンは小さすぎて、麻酔に弱いって聞いたことあるよ。
友達んとこのポメちゃんも、麻酔が心配で手術をあきらめたって
言ってました。
ななチンにとって何が一番いいのか、
ちゃんと意思疎通のできる良い獣医さんにめぐり合って
対処できるといいですね。
あの元気なななチンの勇姿をまた見たいね。
どうかどうか、ななチンのアンヨが治りますように!!!
Commented by nyanko4116 at 2009-09-02 23:39
>もくまさま
優しい言葉をありがとう。
とってもうれしいです。
一昨日より昨日、昨日より今日と
少しずつだけれど良くなっているように思います。
時間はかかるかもしれないけれど
きっとパワフルななチンに戻ってくれると
信じてます。
何しろ今日も他のワンコにガウガウと戦いを挑んでたし・・・
(まだ外は歩けないので抱っこされたまま!)
Commented by nyanko4116 at 2009-09-03 00:08
>mamemamaさま
ありがとうございます。
mamemamaさんに頂いたコメント、
カビゴンパパはすごくうれしかったみたいです。
何しろ痛み止めをもらわず帰ってきたことで
私にキツーい文句を連発されていたので(笑)

本当に、ななチンがお話できたらどんなにいいかと。
(ふだんは、ワンコがしゃべれたら困ることがいっぱいあるなーなんて思っているんですが(^_^ゞ)
Commented by nyanko4116 at 2009-09-03 00:13
>のんのんママさま
ありがとうございます。
ななチンが生まれた時から
ずっと診ていただいている病院だったのですが
いつも同じ担当の先生に診ていただいていて
院長先生にお会いするのは今回が初めてでした。
帰ってきたカビゴンパパ、怒りで涙目になってましたからねぇ(≧ε≦; )
よっぽど悔しかったんだと思います。

膝蓋骨脱臼はチワワにとても多い病気らしく
ななチンの場合もおそらく遺伝だろうということでした。
麻酔やっぱり怖いですよね。
長期の入院というのもストレスになるだろうし・・・
悩むところです。
Commented by kodemari4 at 2009-09-03 09:25
ななちゃん、かわいそうに。
元気印のななちゃんがハウスに入ったきりなんて
よっぽど痛かったんでしょうね。
そばにいるパパさんもにゃんこさんも、とても辛いと思います。

院長先生の態度、これはひど過ぎますね。
手術は大きなリスクを負うわけだし、突然言われて戸惑うのは当然だし
それを歩けなくなる方がいいのか、みたいな言い方をされて。
パパさんの怒り、当然のことだと思います。
私も絶対怒り狂って、(先に泣くかもしれないけれど)
2度とこの病院に来るもんかと誓うと思います。

きっと手術しなくても良くなる方法がありますよ。
話をちゃんと聞いてくれて、ワンコのことを一番に考えてくれる
いい獣医さんに早く巡り会える事を祈っています。

やまともヘルニアになって、2度と走ることはないと思っていたけれど
今では以前と同じように、走れるようになりましたよ。
飼い主が制止しなけれど、階段もすいすいっと登っちゃいます。
ワンコの回復力って、すごいなと思います。

大丈夫! ななちゃん、きっと良くなって前と同じように元気になりますよ。
にゃん子さんも、頑張って♪
Commented by nyanko4116 at 2009-09-03 18:06
>kodemariさま
ありがとうございます、うれしいです。
そうですよね、やまと君だって
すっかり元気になったんですもの!
ななチンだってまた元気に走れるような気がしてきました。
うん、きっと大丈夫だp(^-^)q♪

私もパパも、
万が一ななチンが歩けなくなったって
走れなくたって
そこにいてくれさえすればそれでいいのです。
ただ、万が一この先生が言うとおり
手術を先延ばしにしたことで、歩けなくなってしまったら
やっぱりななチンに悲しい思いをさせてしまうのかなぁって。
いくら考えても簡単に答えが出る問題ではないけれど
今は日に日に回復しているななチンの姿がうれしくてしかたありません^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2009-09-01 23:33 | ろく & なな & はち | Comments(8)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る