ななチンの足のお話

f0065768_151924.jpg

ななチンが膝蓋骨脱臼(パテラ)のグレード3と診断されて10カ月がたちました。






ななチンがソファから飛び降りて
右足がつけなくなってしまったのが昨年の8月
(そのときの様子は⇒こちら



f0065768_15111271.jpg

今では歩くことにまったく支障はなく
家の中やドッグランではろくチンと一緒に元気に走り回っています。

できなくなったことは、
傾斜がある急な坂(土手とか)や階段を上れなくなったことと
今まで広い野原なんかでは
ろくチンとニ匹、競走馬並みの美しいコーナリングをしながら
高速スピードで追いかけっこをしていたのができなくなったこと。

でもまぁ、もともとチワワは階段を上らせない方がいいらしいし
今のところ中央競馬会に出走予定もないので
まあいいよねと思っていました。




f0065768_15211810.jpg

唯一気になっていたのが
最初に駆け込んだ病院で院長先生から言われた
『このまま手術をしないと、近い将来歩けなくなりますよ!』という
呪いの言葉(・・・と我が家では呼んでいる)でした。
『手遅れになったら手術ができなくなる』とも言われ
やはりそう遠くない時期に手術を受けなくてならないのかもと
どこかで思っていたのも事実です。





f0065768_15301280.jpg

あれから何人かの先生に診ていただいていたのですが、
その中で、『今すぐには手術の必要はないだろう』という所見を頂いていた先生の一人から
先日フィラリアのお薬を頂きにいった際
『膝のお皿が外れっぱなしになってしまっているので、できるだけ早く手術をした方が良い』と
すすめられました。
やはり『遅くなると手術しても治らなくなる』と言われ
いよいよカビゴンパパとワタシも覚悟を決めたのでした。




f0065768_1541473.jpg

ちょうどタイミング良く、
以前から信頼していた都内の病院に勤務する先生から
『手術の腕も人柄も保証します!』という
整形外科専門の獣医さんを紹介していただけることになりました。
まさに救いの手です。

予約当日その獣医さんを訪ねたところ
1時間かけてゆっくりとななチンを診て詳しい説明をしてくれました。
・確かに右膝は外れっぱなしでグレード4に近い3である。
・しかし見たところふつうに歩いているし痛がっている様子もない。
・今手術をしないと将来歩けなくなるということはない。
 歩けなくなったらその時点で手術をすればよい。
・病状が進行しすぎて手術ができなくなるということもない。
 あるとすれば犬が歳をとって様々な病気があるために手術できなくなることくらいだ。

そして最後に
『私は専門医なのでそれでも手術してほしいといわれたら、いくらでも喜んでしますけどね♪』
というチャーミングな笑い付きでジョークまで飛ばしてくれました。

『今日は手術の日取りまで決まるかしらね・・・』などとカビゴンパパと話していたので
ヘナヘナと座り込みたくなるほど脱力してしまいました。
獣医さんによって色々な判断があるのでしょうが
難しい手術をたくさんこなしてきた自信に裏付けられたお話には
心から納得することができました。




f0065768_15574938.jpg


今や小型犬の半数近くがパテラの障害を持っているとも言われているそうです。
もしパテラと診断され手術を迷っている方がいらして
可能であるならば、
ぜひ色々な先生の意見を納得するまで聞いてみることをおすすめします。

もしわんちゃんにすでに痛みがあって手術が決まっている場合でも
術後のケアなど病院によって本当に様々です。
手術後24時間で退院できるところから、
1週間程度の入院を必要とするところまで。
退院してからも、好きなように過ごさせてOKというところから
ゲージに低く板をして数週間の間立たせないでおくようにというところもありました。



f0065768_1614430.jpg


ななチンも今後場合によっては手術ということがあるかもしれません。
でもその時は動揺することなく
ななチンに最善と思われる方法を選んであげられるような気がしています。
Commented by kodemari4 at 2010-06-22 20:27
最近のななちゃんはいつも元気に走っていて
パテラの方はもう問題なく回復したのかと思っていました。
膝のお皿が外れたままでも、痛みもなく
外見からは全然わからないものなのですね。
 
この記事をハラハラしながら、やっぱり手術なのかなと読み進めて
最後の専門の先生のお話を読んで、やっとホッとしました。

痛がってもいない子に手術の決断をするのは
とても切ないことだと思います。
もし万が一歩けなくなったら、その時に手術をすればいいというのは
気持ちが楽になりますね。

信頼できる獣医さんに出会えたのは
にゃんこさんとパパさんが一生懸命努力した結果ですね。
もし手術することになったとしても
この先生なら安心してお任せ出来ますね。

できることなら、このまま手術をせずに病気と付き合っていけますように。
やまとの事と重ねながら、心からそう願います。
Commented by rioryu at 2010-06-23 08:43 x
本当に・・・このまま手術をせずに
なんとかやり過ごせたらどんなに良いか・・・

人と同じでいろんな先生にお話を聞くことは大事ですね。

何事もなく過ぎることを祈っていますね☆ミ

Commented by nyanko4116 at 2010-06-23 11:01
>kodemariさま
診察の時に、その先生もおっしゃったんです。
『痛がっていない足にメスをいれるのは、かわいそうですからねー』って。
なんかその言葉を聞いたときに、
『この先生の判断なら納得できる!』って思いました。
かわいそうに思っても手術をしなくてはいけないときはあるのでしょう。
でもそういう気持ちを持って診察してくれるということが
大事なワンコをまかせる飼い主としては
重要なポイントでした。

もちろん手術をして、
また競走馬のように走れたらそれはそれでうれしかったのかもしれません。
でも『私たちは、この判断でいいんだ』と心から納得できたことが
今回の一番の収穫でした。

やまと君の腰もそうですね^^、
これからも注意深く大切に見守っていきたいです♪
Commented by nyanko4116 at 2010-06-23 11:05
>rioryuさま
人間の場合も同じですよね。
専門家である先生に『こうしましょう』と言われたら
納得いかないことがあっても
我々にはなかなかNOと言える勇気が持てません。

たとえ結果が同じになったとしても
よく考えて、とことん話を聞いて、自分自身納得できることが
何より大切なんだなぁと
今回とても勉強になりました。^^。
Commented by mamemama at 2010-06-23 18:19 x
ああ、なんて優しい思いやりのある先生。

犬は、自分では治療方法もお医者さんも選べません。
全ては飼い主と獣医さん次第。
いいお医者様に巡り合えてよかったですね。

そしてななちゃんも、いいパパママに出会えて、
ほんとにラッキーなワンコです。
ろくちゃんとともに、元気で楽しく暮らしてね。
Commented by カビゴンパパ at 2010-06-23 20:11 x
 皆様、暖かいお言葉有難うございます。
またニャンコさん、今回は心から納得できて本当によかったですね。
 これから我々はワンコズと共に生きていきます。
朝起きない奴や濡れた頭のままソファーで寝入ってしまう輩は
放っておいて自身の健康に留意して下さいな。
Commented by のんのんママ at 2010-06-23 22:14 x
ななチン、すっかり良くなったのかと思ってたけど
やはり不安があったのですね。
お医者さんによって、説明も判断もマチマチで
そのたび悩んでしまうもの・・・
こちらの話を親身に聞いてくださり、納得のいく説明を
していただく。
簡単なようでなかなか難しいことよね。
今回にゃんこさんは、信頼できるお医者さんにめぐり合えたようで
よかったですね!
ななチン、このまま何事もなく過ごしていけたらいいですね。
お祈りしてるよ。
Commented by nyanko4116 at 2010-06-24 15:00
>mamemamaさま
実はろくチンもグレード2のパテラでした。
念のために見ていただいたところ、
『これくらい軽症なら、幼犬のうちにマッサージと屈伸運動で治ってたかもしれません』・・・と。
もっと早くにこの先生に会っていたらと悔やまれますが
あんまり贅沢言っちゃいけませんねゞ( ̄∀ ̄)

信頼できる近所のホームドクターと
いざというときの専門医をみつけておくのは
ワンコも人間も同じみたいです。
今回は本当に色々勉強になりました^^
Commented by nyanko4116 at 2010-06-24 15:03
>カビゴンパパさま
これからワタシが誰と共に生きていくかって・・・?
そんなこと勝手に決めてもらっては困ります。
フフッツ・・・( ̄∀ ̄*)ニヤリ☆
Commented by nyanko4116 at 2010-06-24 15:09
>のんのんママさま
実は今でも
『チワワ パテラ』などの検索キーワードで
このブログを訪れて下さっている方が時々いらっしゃって
迷っている方にななチンの今回のケースが
少しでも参考になればと思い記事にしてみました。
(昨年の夏の記事ではあまりにも何の役にも立たないので・・・; ̄∀ ̄))
事情はそれぞれなので
一概に『こうした方がいい』という答えはありませんが、
こういう診断もあるんだということを
知っていただけたらと思います。

本当に、できることならこのまま手術をせずに
ニ匹揃っていつまでも元気に過ごしてほしいです。
Commented by カビゴンパパ at 2010-06-24 21:46 x
えっ、そんな・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2010-06-22 16:10 | ろく & なな & はち | Comments(11)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る