読書日記No.131

f0065768_042080.jpg

久しぶりにタルトを焼きました♪
カスタードクリームの下には、さっぱり目のヨーグルトムースが入っています。
ぐる~り360℃、タルト台が少しも欠けずに型から取り出せて
ものすご~い達成感ヽ(〃^▽^〃)ノ♪








今が旬のブルーべりー、獲れたては本当に美味しいです^^
最近同じ市内 (・・・と言ってもとても遠いのだけれど) に
なんと3ヘクタールもの広さのブルーベリー園があることが発覚!
500円で時間無制限の食べ放題もやっているそうなので
これは行ってみないと♪

カスタードクリームさえ持ち込めれば、いくらでも食べられそうな気がするんだけどなぁ(笑)





ではでは、本日の読書日記です♪



1冊目・・・ジョンソン祥子 文・写真 『ことばはいらない』
f0065768_21442669.jpg

今、一番気に入っている写真集です。
折紙くらいの大きさの小さな本ですが、中には可愛らしさと優しさが
これでもかと溢れんばかりに詰まっています。

アメリカ・ミシガン州で暮らす2歳の一茶くんと柴犬のマルちゃん。
お母さんであるジョンソン祥子さんがそんな二人の日々を綴ったブログ
『Maru in Michigan』が写真集になりました。

たとえ言葉は通じなくても、体中で『大好き♪』という気持ちを
伝え合っている一茶くんとマルちゃん。
ふたり寄り添う姿が可愛くて可愛くて、時にはクスリと笑える写真もあったりして。

そんな姿を見ていると、決まって涙かジワ~リと・・・

子どもはあっという間に大きくなって、二度と今という瞬間は戻ってこないこと、
そしてとても悲しいことだけれど、私たちが思っている以上に
犬の一生というのは短いのだということ。。。。
見ている私たちはそのことを頭のどこかでわかってしまっているから、
この奇跡のような一瞬が一瞬が、どうしようもなく愛おしく感じるのでしょう。

本屋さんに行ったら、ぜひぜひ手に取って見てみて下さい。
思いっきり癒されますよ~^^











2冊目・・・池井戸 潤 作 『七つの会議』
f0065768_1305024.jpg

今ちょうどNHKで連続ドラマが放送中ですね。
同じ池井戸作品の『半沢直樹』に話題が集中してしまってイマイチ影が薄いですが
原作本はこちらの方が圧倒的に面白い!!

ひとつ不正を暴いたと思ったら、さらに仕組まれた不正があり
悪を働く人の上には、更なる悪をたくらむ人がおり、
一本のネジの強度不足から始まった不正は
底なし沼の様な悪の連鎖を呼び起こし、読んでいて頭がクラクラするほどです。

会社のために良心を捨てるか、
良心を捨てるくらいなら会社をやめるか。。。
どっちもできないからサラリーマンは辛いんだろうな~。

面白いですよ♪ おすすめです。










3冊目・・・朝比奈 あすか 作 『彼女のしあわせ』
f0065768_1312234.jpg

一人で生きていくことを選択し、マンションを購入してしまった長女。
田舎町でのひとり孤独な育児に、次第に追い詰められていく次女。
夫とふたり仲良く暮らしながらも、姉たちにさえ言えない過去を背負っている三女。
はたから見れば充分幸せそうなのに、どこか空虚な三姉妹の日々。

主人公の三女は 『本当に欲しいものは手に入らない・・・』というけれど
手に入らない物を欲しがり続けても、そこに幸せは見つからないはず。
目の前のことから逃げずに、ひとつひとつ小さな事を積み上げていくような
ささやかな生活の中にしか本当の幸せはないのだから。

いくつになっても
迷ったり、泣いたり、後悔したり女の人生は大変だけれど
いい歳をした(失礼!)三姉妹の母親までもが
『自分の人生これでいいのか・・・』と迷い出す場面には
思わず微笑んでしまいました。

三姉妹+その母の最後にみせる生き方が素敵です。
大人の女性におすすめの一冊^^♪










4冊目・・・東野 圭吾 作 『虚像の道化師』
f0065768_1302885.jpg

先日までTVで放送していた 福山雅治主演『ガリレオ』の
原作短編集です。

先にTVドラマを見てしまったため
推理小説にもかかわらず読む前からトリックも犯人もわかっているという
とんでもない状況でしたが
これが意外や意外、結構楽しめたのでした。

TVを見ていて、今回はつまんなかったな~・・・という話に限って
原作の方はメチャメチャ面白い!!
TV向けでない部分を当たり障りのないように直しているうちに
きっとつまんなくなっちゃったんでしょうねぇ(笑)
この勝負原作本の圧倒的勝利です^^

TVドラマに新たなキャストとして登場していた吉高由里子演じる新米刑事さん、
今回の原作本にはいなかったのですが
おちゃめな東野さんのこと、次回のガリレオ原作本には
ちゃっかり登場してくるような気がするんですけど・・・(笑)









5冊目・・・池澤 直樹 作 『双頭の船』
f0065768_21481316.jpg

被災地に届ける自転車と屋台を乗せて
東北へ向かった一艘の船。

しだいに船に乗り込む人は増えていき、船の上には
お風呂屋さんができ 床屋さんができ 家までもが建ち始め
一つの町ができあがり いつしか選挙までもが行われるようになるのです。

自由自在に姿形を変えて、大きく増殖していく船の姿。
元々古くからの町というのはこんな風に出来上がってきたものなのでしょう。

船の上では人間や動物ばかりではなく、
津波で亡くなった人たちまでもが
一緒に仲良く暮らしています。
メルヘンと言ってしまえばそれまでなのでしょうが
『本当に、こんな風だったらいいのに・・・』 と何度も思わずにはいられませんでした。

3.11をモチーフにした小説ですが
人にとって大地に根を下ろすことの意味とは何なのか
深く考えさせられました。
津波で亡くなくなられた方達、残されてしまった家族たちへの
作者の深い愛情を感じる小説でした。











6冊目・・・窪 美澄 作 『アニバーサリー』
f0065768_21513632.jpg

この小説も3.11を描いたお話です。
戦後の苦しい時代を生きてきた初老の女性と、
豊かな時代、豊かな家庭で何不自由なく育ってきたにもかかわらず
食事さえ拒否する若い女性が主人公です。

水にも空気にも安全性を求めて暮らさなくてはいけない今という時代
嘘なのか本当なのかわからないような溢れる情報と戦いながら生きて行く現代よりも
毎日を必死に生きなければ、食べて行けなかった貧しい時代の方が
今よりずっと心豊かに感じてしまうのは
いったいどういうわけなのでしょう。。。

最終章、血縁関係のない歳の離れた二人の女性が
助け合い寄り添って生きる姿は、来るべき日本のひとつの未来像のようでした。
何があったって私たちは強く生きて行かねば^^
明日という日が来る限り。
Commented by のんのんママ at 2013-07-30 21:52 x
タルト、きれい~~~!!
にゃんこさん!天才じゃないの~!
とてもお家で主婦の方が作ったタルトにはみえないですよ~~~
ヨーグルトムース、あぁ~~!おいしそ~~~♪

七つの会議。東山くんが演じてるやつですね。
私も原作を読んでみたいな~~と思ってた。
うん、原作が良いのですね♪
半沢直樹といい、最近、池井戸さんの注目度がスゴイね。

図書館に予約してだいぶ経つのに「世界からネコが消えたなら」
がいまだに何の音沙汰も無し・・・
そんなに人気なのかしら??
Commented by nyanko4116 at 2013-08-01 07:04
>のんのんママさま
天才?!・・・・そんなこと言ってくれるのは
みっちょさんだけ♪
数々の失敗作を見てきた家族は
間違ってもそんなこと言ってくれないわ(笑)

池井戸さんの小説って、『水戸黄門』みたいんですよね。
悪の仕打ちに耐えて耐えて、最後にはスカッと正義が勝つ!!
『七つの会議』はそこんとこがいつもと違って
終わってもモヤモヤ~っとした気分が残るのだけれど
そこが逆にリアリティがあっていいのです♪

『世界からネコが消えたなら』私も音沙汰なしです。
ついでに『犬から聞いた素敵な話 』も音沙汰なし・・・
今年中には読めないな~。
Commented by piyopapa0711 at 2013-08-01 08:37
美味しそうなタルトですね〜
よだれがたくさん出ちゃいますよ・・・。

空飛ぶタイヤ、下町ロケット、そして七つの会議と池井戸潤さんお本を
紹介いただきありがとうございました。
空飛ぶと下町は技術的な話もあって、その辺が逆に不完全燃焼でした。
七つの会議は知らない世界の話ということもあって?どんどん引き込ま
れて行く感じを覚えました。

読書日記No,132も楽しみにしていま〜す。
Commented by nyanko4116 at 2013-08-01 17:14
>piyopapaさま
自分でいうのも変ですが、
このタルト冷蔵庫でよ~く冷やして食べると
ホント美味しい^^♪
カスタードの甘さと、ブルーベリーの酸っぱさが
相性良いみたいです。

池井戸さん、最新刊は『ようこそ、わが家へ』です。
サラリーマンが主人公ですが、今までとはひと味違ったお話みたいですよ!
図書館で予約中ですが、
たぶん今年中には届きません・・・(涙)
Commented by rioryu at 2013-08-04 19:29
半澤直樹の原作、読もうかと思ってたんですが、NHKの方が原作は面白いんですね!

では、そちらを読みたいと思います(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

あー、ブルーベリーのタルト…なんて美味しそうなんでしょうか( ˃ ⌑ ˂ഃ )
食べたい食べたい食べたいです!
Commented by nyanko4116 at 2013-08-04 22:52
>rioryuさま
『半沢シリーズ』も『七つの会議』も、
企業小説が好きな人にはたまらなく面白いです♪
もし、池井戸作品初挑戦でしたら
直木賞も受賞した『下町ロケット』おすすめです^^
お決まりのいけ好かない銀行マン(笑)も登場して
勧善懲悪の池井戸ワールドが堪能できますよ♪

タルト、ご近所だったらお届けしたい!!(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2013-07-30 13:04 | 読書日記 | Comments(6)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る