鴨川プチ旅行♪ ~恐怖の秘境編~

f0065768_0492373.jpg

『ちょっとヨーロッパへ1週間ほどでかけてきます♪ 』 ・・・的な大きさのスーツケース。
三脚・カメラ・ありったけのレンズ・PC・各種充電器などなど
色々詰め込み過ぎて持ち上がらないのだった・・・








(脱ぎっぱなしのぴよちゃんのコート!↓↓)
f0065768_1713254.jpg



久しぶりに手のかかる カビゴンパパ ワンコズがいない旅、
思う存分写真を撮ろうと撮影機材フル装備で勢い込んで出かけた鴨川でした。

撮影スポットを探している時に、
ネットで見つけた”秘境”のふた文字♪
(秘境ですよ秘境!!)

地図を見てものっていないし、カーナビで検索してもヒットしなかったけれど
『そりゃそうよね、秘境なんだから・・・』
ってことで、だいたいそのあたりを目指して出かけてみました。









f0065768_17223863.jpg

鴨川市内から30~40分も
走ったでしょうか・・・
二車線だった道路は一車線となり、走るほどに道はどんどん細くなり
人も車もまったくいない山の中に、どんどん入り込んで行きました。
『これ以上は道が細くて進めない・・・引き返そう!』 と何度も思ったけれど
こんな細い道、私の運転技術ではバックできないし(涙)
(車ごと転落確実。。。)
とにかく行ける所まで行こうと
先の見えないカーブを曲がるたびに、
その先に道があることだけを祈りながら進みました。






f0065768_17293715.jpg

心臓がバクバクになりながら、たどりついた駐車場(・・・と思われる場所)
ここから先は徒歩になります。
三脚とカメラ一式を担いで歩き始めました。
・・・で、ここでワタクシついいつもの癖で
スマホをのぞいてしまったんですな、
LTEも3Gも何も電波が入っていないスマホの画面を。。。







f0065768_17355433.jpg

(↑↑恐怖で微妙に手ぶれをおこしている紅葉・・・)

こんな人の気配のまったくない山の中で
もしタイヤがパンクしたり脱輪したり、クマに襲われたりしても
助けが呼べないじゃないの(T_T)
いや、それどころか
私がここにいることすら誰にも気付いてもらえない。。。
・・・と思ったとたん、湧きあがる恐怖 ( ▽|||)サー








それでも、ここまで来て何も見ないで帰るわけにもいかない(滝があるらしい・・・)ので
足をずりずり滑らせながら山道を歩きました。
(そもそもこんな道をスカートにブーツで歩くというのが間違ってる。。。)

すると、突然視界が開けて、、、
f0065768_17413397.jpg






た、滝だ~!!(涙)



f0065768_17444961.jpg


三脚をきちんと据えて
スローシャッターで、NDフィルターもつけて・・・なんて考えていたはずなのに
適当にバシャバシャと撮っただけで
『はい、撮った! さあ帰ろう!!』( 瞬時にUターン)

もうね、この時点で森の奥深くで一人ぼっちでいる恐怖がピークに達し
頭の中はなぜかクマに襲われるという妄想でいっぱいになり
逃げるように車に戻りました。

帰り道、舗装した道路にたどりついたときの嬉しさといったら!!
無事生還できた喜びを噛みしめながら、対向車のドライバーに向かって
無意味にほほ笑んでいたワタクシでした。





とにかく人恋しくなってしまい、
人がいそうな所に行こう!ということで
これまたネットで見つけた展望台に行くことにしました。

どういうわけかまたしても、カーナビにのっていない細い一本道を入って
車を恐る恐る進めて行くと、
ありました、立派な展望台が!
展望台というからには、観光客がいっぱいいて、
明るい光が差すマリーナなのような所を想像していたのですが。。。。
誰もいない・・・(T_T)




f0065768_1813641.jpg

それでもさっきの場所に比べれば
クマも出ないし、LTEもばっちりだ!!
ってことで、写真を撮っていたんですけどね。。。。






f0065768_1851185.jpg

誰もいない展望台で、ひとり海を眺めていたら
異次元に迷い込んだ気分になってしまい
(↑↑あきらかにさっきの後遺症・・・)
早々に引き揚げることにしました。






駐車場に戻って車を出そうとしたら
誰もいなかったはずなのに
突然窓の横にヌウっと現れた、おじいさんとおばあさん・・・

『ぎゃ~!!!』(心の中の叫び)
しかもおじいさんが窓ガラスをたたいて開けてくれと言ってるではないですか。
(ワタクシもう半泣き・・・(T_T))

やけくそになって窓を開けると
途中まで車に乗せてほしいと。。。
お年寄りを置き去りにするわけにもいかないので
乗っていただくことにしました。








f0065768_18224758.jpg

(↑↑展望台にあった鍵。ここで恋人同士が愛を誓い、鍵をつけるんだって(この際どうでもいい・・・))

助手席に乗ったおじいさんを横目でチラチラ見ながら
『お願いだから、途中で消えないでおくれ!』 と。。。
確かに乗せたはずなのに、いつの間にか消えていた・・・とか
いやだからね~(T_T)



しかし、途中で消えていなくなることもなく
無事おじいさんを送り届けました。。。

話を聞くと、
おじいさんたちも車で来たのだけれど
あまりに道が細いので、車は通れないと思って
途中に止めてきたんだそうな。
えぇ、えぇそうでしょうとも。。。
私だって午前中のあの山道の経験がなかったら
こんな草の生い茂った細い道を、車で入って来ようなんて
絶対思わなかったもの。



一日の半分しか終わっていないというのに
すでにぐったりと疲れてしまったワタクシ
元気を取り戻すべく、ランチへGO!




f0065768_2245581.jpg

やっと落ち着いて、写真が撮れました(笑)
(注;すでにお気づきのこととは思いますが、ここまでの写真
動揺しまくっていて、ろくなもんじゃありません・・・m(__)m)






f0065768_22738.jpg

お店に入ってマスターの顔を見た途端
懐かしい友にでも出会えたような気分になって
やたらと話しかけている自分がいました。。。
ふだんだったらあり得ない(笑)








f0065768_236477.jpg

(↑↑11月だというのに、まだパンジーが元気でした。さすが房総半島、暖かいんですね~)

この後、棚田の夜景を撮りに行くという話をマスターにしたところ
『この時期人はいないし、真っ暗な場所なので一人じゃ危ない』・・・とのことでした。
いつもだったら、『平気平気~♪』 と軽く聞き流すのですが
さすがにこの日はアドバイスを神妙に受け止め
朝から野球場にへばりついているぴよちゃんを回収してから
棚田へ向かいました。












f0065768_243228.jpg


たどりついた棚田の風景は
それまでの出来事を一掃してくれるような美しさで
ぴよちゃんと二人、しばし見とれてしまいました。







f0065768_2445440.jpg

『棚田倶楽部』という休憩できる場所で
夕焼け待ち。。。








f0065768_2473142.jpg

この日は雲が多かったせいなのか、
期待していた夕焼けにはならず・・・
それでも充分に美しい景色でしたが^^










そうして、夜の帳が降りる頃・・・・

f0065768_2495798.jpg


ポツポツと1万個のLEDが光始めました。







そして現れた、なんとも幻想的な棚田の夜景・・・
f0065768_2513083.jpg


それまで車の中で寝ていたぴよちゃんと二人、
ただただ見惚れていました。








f0065768_2543074.jpg


この棚田のライトアップですが、
11/29~12/1の3日間は 『棚田の夜祭り』 として
松明に本物の炎が灯ります。
(くわしくはこちら♪







この夜、眠ろうとする脳裏に
何度もフラッシュバックしてきた秘境のドライブ・・・


f0065768_361017.jpg


① もう、絶対一人で秘境(・・・と呼ばれる場所)には行かない。
② 電波の届かない山の中に、むやみやたらと分け入らない。
③ バックできない崖の道は運転しない。

その他もろもろ、固く心に誓った夜でした・・・
Commented by カビゴンパパ at 2013-11-23 15:16 x
いゃ~、噂には聞いていた(誰に?)が秘境巡り大変でしたね。
いつも手のかかるクマとワンコズがいないので、気軽な旅と
お考えのようだったが、仲々思い通りにはいかないのが世の
常です。同行したヒヨコも球場に鎮座したままだったようで
全くの役立たずでしたね。
そう考えると、あのカビゴンは車は運転するし、重い荷物は
運べるし、身体は湯たんぽのように保温性あるし・・・良い
とこばかりですな~。長生きすると便利だから少し優しく
してみては如何?まぁ一読者からの提案ですけど。
Commented by nyanko4116 at 2013-11-23 17:11
>カビゴンパパさま
なに?誰のフリ?!(笑)
これ以上優しくすると、きっとうれしくて死んじゃうだろうから
死なないように小出しにしてるのよ♪
Commented by hanamon1107 at 2013-11-23 18:10

大爆笑。
ごちそうさまでした〜。
Commented by のんのんママ at 2013-11-23 23:49 x
恐怖の秘境編!手に汗握って読みました!
いや~~~、怖かった怖かった
怖がりな私は、秘境というだけで怖いのに、
一人で!しかもバックも出来ないような細道を車で!携帯電波悪い!
あげくに幽霊のようなおじいさんにヒッチハイクされる!
よく命がもったなぁ!!と心臓バクバクですよーーー
で、ちょっと、奥様奥様。
「人がいない真っ暗な場所だから危ない」とマスターの注意を受け、
一人じゃ危ないなら・・と年頃の娘を一緒に連れて行くとは!(爆)
いや、ぴよちゃんはたくましい女子だとは聞いておりますが
どっちにしても女2人では危ないんじゃないっすか?(笑)
うん、けど棚田の夜景はきれいだね~~~
にゃんこさん、ドキドキバクバクの秘境編だったわ!
Commented by nyanko4116 at 2013-11-24 02:37
>hanamonさま♪
お粗末さまでしたm(__)m
食あたりなさいませんように!(笑)
Commented by nyanko4116 at 2013-11-24 02:45
>のんのんママさま♪
あ、( ̄□ ̄;)!!
ぴよちゃんが 『年頃の娘』 だということに
今初めて気付きました。
言われてみればその通りかも(笑)

出かける前は、いくら秘境って言っても
観光客や、地元の人が一人くらいは歩いてるんじゃないかと
タカをくくっていたわけです。。。
いや、実に甘かった。
そんでもって今思い出してもめっちゃ怖かった!!
もう二度と秘境には分け入らないわ(きっぱり)
Commented by kodemari4 at 2013-11-25 08:51
ひゃ~、怖い~。。。。
ドキドキしながら読みましたよ~
おじいさんの出現も、相当怖かったです。
ご無事で良かった。本当に良かった。

怖い中で撮った展望台からの海の景色、
広々していて海の色も綺麗ですね。
そして、棚田のライトアップ、幻想的で素晴らしいです!

最後から2枚目の写真の左上の空、流れ星ですか?
やっと落ち着いて三脚を構えることが出来たのでしょうか?
『棚田の夜祭』の本物の炎というのも気になりますね。

ひとりの撮影は没頭出来て楽しいけれど
場所によっては怖い思いもしますね。
やっぱり写真仲間かパパさんと一緒が安心ですね。^^
Commented by nyanko4116 at 2013-11-25 18:48
>kodemariさま♪
今だから笑い話になってますが、
引き返せない山道を走っている時は
本当に生きた心地がしませんでした。。。
知らない土地に一人で突撃するのは結構好きなのですが
今回ばかりは猛反省です。

おじいさんも、普段だったら何も感じなかったと思うんだけれど
心が怯えてる時にはほとんどホラーでしたわ。。。
(おじいさん、ごめんよ・・・)

カビゴンパパがね、
『やっぱり俺がいないとな~』って
勝ち誇ったような顔をするので
とってもムカついてます^^;
(最後から二枚目の写真は飛行機の光跡です♪)
Commented by ロタハナまま at 2013-11-27 22:03 x
にゃんこさんの冒険記(?)
ハラハラしつつも、楽しく読ませていただきました(^^

私も、若かりし頃は
知らない駅に降り立って、知らない街を探索するのが好きでしたが
今改めて考えたら、結構、無謀なこともしてたかも(^^;
なので、にゃんこさんのお気持ちはすごく共感できますが
近年、一人旅(にゃんこさんの場合は違いますけど)の女性の方が
事件や事故に巻き込まれるケースも多いようなので
どうか、くれぐれもお気をつけくださいね。
やっぱり運転手兼ボディーガードのパパさんは必要かも??
カメラ助手になっていただけるのかは分かりませんが(笑)

でもでも、今回のお写真も素敵なものばかり♪♪
空がとっても広いですね~~
棚田のライトアップって、初めてみました(^^*

最後のホテルのベッドの写真を拝見して
何だかホッとしてしまった私です(^m^;
本当に、にゃんこさん、ご無事で何よりでした。。。



Commented by shamika at 2013-11-28 16:20 x
秘境と聞くとなんだか行きたくなっちゃいますが・・・
読んでてにゃんこさんの恐怖感、バッチリ伝わりましたよー!
方向音痴&運転嫌いな私は家⇔実家(所要時間車で15分ほど)が
限界です(涙) 少しでも道を間違うとパニックです!!

おじいさんに話しかけられた時の恐怖ったら!!
私までドキドキしちゃいましたよ!
でもでも♪ お写真は素敵なものばかりー^^
海も夜景もステキです♪♪
そしてそしてスーツケースいっぱいの機材一式も魅力だわ(笑)

恐怖体験、ほんとお疲れ様でした。
無事だったのが何よりです^^
Commented by nyanko4116 at 2013-11-28 21:57
>ロタハナままさま♪
そうなんですよ・・・今だから笑い話になってますが
ちゃんとした調べもせず、テキトーに山の中に入って行くなんて
無謀極まりない!^^;
人混みが苦手なワタクシですが、
今は人がまったくいない場所の方がいやです(笑)

今でも思い出すとゾゾ~っとする『秘境』、
12月に入ると紅葉が素晴らしいそうです。。。(絶対行かないけど)
Commented by nyanko4116 at 2013-11-28 22:07
>shamikaさま
私は結構運転は得意な方なのですが
あの山道のバックだけは
『絶対無理だ!!』 と瞬時に思いました。
ものすごく細くて曲がった急な上り坂(下は崖・・・)
対向車が来たらどうしようと思いながら走っていたのですが
人っ子ひとりいない山の中、そんな心配は無用でした(それもまた怖いけど・・・)

人間、『怖い!』 と一度思ってしまうと
普段だったらなんとも思わないことでも
めちゃめちゃ怖く感じてしまうんですねぇ。。。
めちゃくちゃビビってしまい、おじいさんにも申し訳なかったなと^^;
Commented by rioryu at 2013-12-27 21:56
にゃんこさん、こちらのお話し
すぐに読んで、1人で大爆笑していたのです!
あ・・・大爆笑だなんて、失礼しました(^^;)
にゃんこさんは、本当に怖い思いをされたのですよね(TT)

だけど、だけど、
本当に天才的な文才の持ち主にゃんこさんの日記は
面白くて面白くて。

PC見ながら声を出して笑ってる私は
子供たちから見たら凄く危ない人だったようです(笑)

すぐにコメントしたかったのですが
出来ずじまいで読み逃げしてました。ごめんなさい!

やっと、本日の仕事納めを迎えて
ゆっくりとした時間がやってきたので、
参上した次第であります(^0^)/
Commented by nyanko4116 at 2013-12-28 21:42
>rioryuさま♪
いえいえ、rioryuさん大正解です^^
これはなんとしても読んだ方に笑って頂こうと
けっこう気合い入れて書きました(笑)

もうね、心の底から怖かったんですよ!!
今でも秘境チックな映像を目にするだけで
ゾゾゾ~っと背筋が凍ります。。。
こんな思いをしたら、何としてでも笑える話に変換しないと
やってられませんからね^^!!!
コメントありがとうございました♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2013-11-23 03:22 | 親子de 旅行 | Comments(14)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る