読書日記No.45

f0065768_14531573.jpg

昨日はあちこちのワンコブログで、眠そうなワンコたちの写真を発見しました。
もちろんこの写真も6月23日午前4:00・・・日本VSブラジル戦観戦中の一枚です。








今回の読書日記は、ちょっぴり不思議な世界の本をご紹介。。。
朱川 湊人『花まんま』
f0065768_14575756.jpg

昨年第133回直木賞を受賞した作品なので、ご存知の方も多いはず。
昭和40年代の大阪が舞台の物語。
ちょっぴりホラーだと聞いていたので、この表紙の絵の女の子がなんだか怖くて
手を出せずにいました(小心者)

でも、まったくおどろおどろしい所はなく
むしろ懐かしくホノボノとした雰囲気漂う短編集でした。
(確かに幽霊や妖怪・・・のようなものは登場しますが)
にゃんこのイチオシは表題作にもなっている『花まんま』。
ある日突然まだ幼い妹が、自分の前世の記憶を取り戻してしまい
昔の家族に会いに行きたいと言い出す。
妹をとられまいと必死の兄が、妹を連れ訪れたその家では
胸が締めrつけられるような出来事が起こっていたのでした。
これは泣けます。


古川 日出男『ルート350』
f0065768_1514851.jpg

『江国香織絶賛!!』という帯の宣伝文句を頼りに読んでみましたが
ちょっと不思議・・・どころではない、とてつもなく不思議な世界が広がっていました。
これも短編集なのですが、一冊読み終わるまでず~っと頭の中には
????がいっぱいした。
そして書いてある内容がさっぱり理解できない久々の作品でした。
これは日本の近未来の姿なんだろうか、それとも通ってきた道なのか。。。
どんな風にでも受け取れる余地アリなのです。
もし『我こそは!』と思う方は、是非この作品を読んで私に解説をして下さい。
連絡お待ちしておりますm(_)m



群ようこ『かもめ食堂』
f0065768_15321159.jpg

映画化された作品があまりにも良かったので、原作も読んでみることに。
映画ではほとんど触れられていなかった、登場人物たちの生い立ちや
はるばるフィンランドまで女一人やってきた理由などがたっぷり書かれていて、
うれしくなっちゃいました。
映画で感じた凛としていて穏やかな彼女達の生活は
本の中からそのまま飛び出して来たものだったようです。



長野まゆみ『東京少年』
f0065768_15424767.jpg

これぞ長野まゆみワールド!・・・といった感じの作品。
そんなに何冊も読んでいるわけではないけれど、
彼女の作品には少年を主人公にしたものが多い。
これも主人公は14歳の中学生の男の子。
両親が離婚し、引き取られた父親も仕事で海外にいることが多いため
気難しい叔父と同居をさせられている。
慢性的な淋しさを抱えている少年が、『黒い椿の花』の謎を追うことで
彼の知らなかった周りの大人たちの人間関係や出生の秘密などが
解き明かされていきます。
マンガのコミックスを読んでいるようで、にゃんこにはやっぱりちょっと不思議な世界でした。




中島たい子『そろそろくる』
f0065768_15512736.jpg

いったい何がそろそろ来るのか?
女性ならばすぐにピンとくるはず。
主人公は月経前になると精神的に不安定になってしまい
仕事にも支障をきたしてしまう。
イライラしたりにきびができたりと言うくらいは誰にでもあることだけれど
これがひどくなると『P.M.S』(月経前症候群)という立派な病気になる。
本の中にはその症状として、いくつかのチェック項目が出てきます。

(身体的)
・甘いものが食べたくなる ・寝ても寝ても眠くなる ・食欲が増す  ・手足が冷える
(メンタル)
・憂鬱になる  ・イライラする  ・怒りやすい  ・攻撃的になる  ・無気力になる
・集中力の低下  ・記憶力の低下  ・自信がなくなる  ・不安になる  ・暴言をはく

そしてこのP.M.Sの最大の特徴は、月経が始まるとケロッと症状がなくなってしまいメンタルも楽天的に戻る事。
『これって私のことかい?』と思ってしまったよ。
小学生の姪に『大きくなったらなんになりたい?』と聞かれた主人公が
『いろんなことに左右されない人になりたい』と答える。
ホント、私もそうなりたい。
Commented by ちょび姉ちゃん at 2006-06-24 18:38 x
私は、本より今は
「デスノート」が見たいです!
ノートを守る天才と、
ノートを追う天才。
みたいよぉ!
あと、「着信アリ」もみたい!
鳴ると必ず死ぬ「死の着メロ」の恐怖から逃れる
1つの方法は、
<友達に「死の着メロ」(死)を転送する>ことだけなんだって!
むちゃくちゃおもしろそう・・・見たいっ!!
Commented by eporin at 2006-06-24 22:53
ろくチンも眠そう~!!
寝てる側で「ワ~!」」とか「キャ~!」とか言われても~。。
って感じですね(笑)
あんずも試合が終わった後爆睡してました~(笑)

群 ようこさん一時期はまって、文庫本読みまくってました。
最近はご無沙汰してます・・・たしかこの方もにゃんことか
他にも色々と動物好きの方でしたよね。
今も動物出てくるのかな~^^
Commented by のんのんママ at 2006-06-25 12:55 x
昨日の夜、コメント入れたのに、入ってないです!
なんでやろ~(涙)
やっぱりライブドアのせいかな?
せっかくの読書日記、あとでもう1回書きますね!
Commented by のんのんママ at 2006-06-25 17:47 x
読書日記!昨日の夜のコメントはやっぱり入ってなかったですね。
もしかしたらパスワードをいれ忘れたのかも・・
今回の本はどれも読んでないです。
にゃんこさんの解説を見て「花まんま」はぜひ読みたいと思った!
「そろそろくる」・・タイトルだけ見たら、怪談話かと思いましたよ。
ヘビ女かなんかが、そろそろ~っとやって来る・・みたいな(笑)
みっちょは、そろそろくる頃は、イライラしたりするなぁ。
Commented by nyanko4116 at 2006-06-26 18:12
> ちょび姉ちゃん さま
「デスノート」は私も行こうかと思ってます。
(藤原竜也だしね♪)
でも、「着信アリ」はTVのCM見てるだけで怖い!!
たぶん行かないな。。。
Commented by nyanko4116 at 2006-06-26 18:16
>eporinさま
そうなの。。。『キャー!!』という叫び声がリビングに響くたびに
眠そうな顔でウロウロと安眠の地を捜し求めていたろくチンでした。
いい迷惑だったよね。きっと。
群さんの作品は私もずいぶん読みました。
この話にもちょっとだけど、猫ちゃんが登場してきましたよ♪
Commented by nyanko4116 at 2006-06-26 18:21
>のんのんママさま
コメント消えちゃったの~?!
2回も入れてくれてありがとうm(_)m
今回の読書日記の中では、『花まんま』がイチオシです!
『そろそろくる』・・・ヘビ女が来たら怖いじょ~!!
にゃんこは、そろそろくる頃は、世の中が嫌いになります(笑)
Commented by ちゅぱ at 2006-10-23 13:45 x
にゃんこさんはじめまして。ちゅぱと申します。心温まる写真やお話をいつも楽しく拝見しています。私も読書大好きなんですよ、以前はちっと硬い純文学なんか読んだりしていましたが(なぜか夏目漱石好きなんですまだ読んでない作品もあるけれど・・・)、村上春樹に出会い不思議な世界にはまりそれからは新鋭の作家のものなどいろいろ読むようになりました。さてさて「かもめ食堂」のDVDを見ました。見始めていの一番に嬉しかったのはちゅぱが愛用しているフィンランド・イッタラの食器が使われていたこと。食堂や厨房も雰囲気がよくて私もお手伝いさせてもらいらくなりました。街の景色の映像きれいでした。小林里美、片桐はいり、もたいまさこのキャストよかったです。いつも速い展開のバキューン映画に連れて行かれてしまうちゅぱにはよい心の洗濯になりました。劇場で観たかったわ~。小説もよんでみますね。またメールさせていただきます。
Commented by nyanko4116 at 2006-10-23 22:24
>ちゅぱさま
ようこそ、にゃんこのココロへ(^o^)丿
コメントありがとうございます。
かもめ食堂は、イッタラの宝庫でしたね!
小林聡美が愛用していたシマシマのオリゴのマグ!!
欲しいです・・・
それとグラスはカルティオでしたよねぇ。
もうどれもこれも素敵でタメ息ばかりでした。
さすがフィンランドです。
あの映画を見終わった後、急いで家に帰って
シナモンロールを焼いたのは言うまでもありません(笑)
また気軽にコメントしてくださいね♪
おまちしてま~す。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2006-06-24 16:13 | 読書日記 | Comments(9)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る