読書日記No.54

f0065768_17515144.jpg

昨日東京では木枯らし一号が吹いて、気がつけばあっという間に11月も半ば・・・
今朝初めてファンヒーターをつけました。




少しずつ大掃除の真似事を始めました。
毎年11月に入ると始めるのですが、それでも年内に終わったためしがありません。
(ダメじゃん!)
これから大晦日までの間、主婦にとっては目が回るような忙しさ・・・
のはずなんだけど、それでもやっぱり本は読んじゃうのだ!


では、一冊目 浅田次郎 作 『地下鉄(メトロ)に乗って』
f0065768_1812168.jpg

久々の超オススメ作品です。
浅田次郎の作品は『鉄道員(ぽっぽや)』以来。
(いったい何年ぶりなんだ?!)
いわゆるタイムスリップものです。
父子の物語かと思いきや、話は意外な方向に・・・。
ラスト、ぷっつりと余韻を残して終わってしまう物語の後を
浅田さんのロングエッセイがフォローしてくれます。
(にゃんこが読んだのは、エッセー付きの『特別版』。読むならこちらがオススメです)
小説のファンタジックな世界が終わってしまい、取り残されたような淋しい気持ちになっているところに登場するエッセイは、小説の感動を倍増させてくれました。
ちょうど小説と同じ地下鉄の中でこの本を読んでいて、
地下鉄の駅を上がったら、見知らぬ街が目の前に広がってないかしら・・・
なんて思いながら電車を降りたけど、やっぱりそこはいつもの池袋駅でした。
(当たり前か・・・)
秋の日にぴったりの本ですよ♪



二冊目 、朱川 湊人 作 『水銀虫』
f0065768_181634100.jpg

怖いの大嫌いのにゃんこにとって、この本のホラー度はギリギリの線。。。
7つの短編に共通するテーマは、ずばり『罪と罰』
自らが犯してしまった罪の償いは、自分でしなくてはいけないという
当たり前のことだけど、とってもコワ~イお話です。
その罪というのも、日常に潜んでいる『魔』だったりするから、よけい怖い。
でもでも、これも激しくオススメしたい本です!
絶対おもしろいから。読み出したら止まらない、怖くても引き返せない!
表紙も怖いから、カバーをかけて読みましょう。
イチオシです。


三冊目、『 I Love You 』
f0065768_18265720.jpg

伊坂幸太郎、石田衣良、市川拓司、本田孝好・・・・という、そうそうたるメンバー6人による
アンソロジーです。
今が旬の作家たちが、 I Love You をテーマに書いた恋愛小説の短編集。
もちろん期待していたのは、恋愛小説とは縁遠そうな伊坂幸太郎、
ストレートな恋愛物を一度読んでみたかった石田衣良、
甘~い恋愛物と言えばこの人!の市川拓司。
ところがどっこい、読み終わって一番感動したのは、
ただ一人6人の中で名前を知らなかった『中田永一』氏の作品でした。
恋愛小説はこの作品が初めてらしい・・・
でもすごくすごく心の奥深いところに響いて、読み終わったあとすぐにもう一度読み返したくらいでした。
なんだかとってもお得感を味わえる一冊でした!
これまたロマンチックな秋にオススメですよん♪




四冊目、田中宥久子 著 『美の法則』
f0065768_18413886.jpg

How Tow もの?と思って読んだのだけれど、
これは作者の熱い信念のようなものが書き連ねられた本でした。
(今話題の、顔筋マッサージの方法はのっていませんm(_)m)
この表紙のお方、驚く事に御齢何と60歳!
今最も注目を集める、美のカリスマの一人です。
この本は、田中さんが思う『女性の美』について語った本。
『メイクには教養が出る』
『美は執念』
『女は顔です。見た目です』
などなど、永久保存しておきたいようなお言葉満載。
『ま、こんなもんでしょ・・・』と
美しくなる努力を思いっきり放棄しているにゃんこには、
耳が痛いと同時にとても勉強になる本でした。
『女は30才からが美しい』だって!!



五冊目、高村薫 作 『照柿』
f0065768_18532843.jpg

ド~ンと、読み応えがある本が読みたくて選びましたが
作品との相性で言うならば、×でした(T_T)
500ページを超える(しかも二段構え)長編ですが、
読んでいる間中感じる息苦しさと圧迫感はちょっと辛いものがありました。
細部までビッチリと描写される状況説明や、くどいまでの心理描写が
高村さんファンにはきっとたまらないんだろうなぁ・・・
暗い話でも悲しい話でも、
どこかに希望が感じられる物語が好きです。
たとえ悲惨な話であってもどこかに感動と共感ができるところがあってほしい。
ワタシにとっての読書は、そういう物です。



六冊目、吉田修一 作 『初恋温泉』
f0065768_19301910.jpg

温泉を訪れる5組のカップルが主人公の短編集。
離婚直前の夫婦、不倫のカップル、親に内緒でやってきた高校生のカップルなど
ワケアリばかり。
(『温泉』に『カップル』ときたら、そりゃワケアリにきまってるさ)
どれも面白かったのですが、ドロドロとした恋愛話が4編続いたあと
最後に登場する『純情温泉』はシミジミよかったです。
ストーリーはキラキラとした、高校生の純な恋愛話。
そんな頃もあったかしらね~と、大昔を懐かしむアタシ。
ああいう純な心って、いったいいつの間になくなっちゃったのかなぁ・・・
Commented by のんのんママ at 2006-11-15 23:37 x
さっき、コメント入れたのになぜか入らなかった・・?
今回もいろんな本を読まれましたねー。
「照柿」以外は知らなかったです。
浅田次郎さんは、「鉄道員」以来、久しく読んでないなぁ。
「照柿」って、アレルギーで顔に湿疹をいっぱい作ってる若い刑事さんが出てきたんじゃなかったかな?
変なことばかり、しっかり覚えてる・・(;´▽`A``
いつも思うんだけど、にゃんこさんは色んなジャンルの本を読んでますよねー。
にゃんこさんの読書日記は、とっても楽しみなんですよー!
Commented by ジャム at 2006-11-16 10:49 x
私も、昨日・・・久しぶりにコメント入れたの~。
でも、送信押したら、しばらく固まってたから・・・どうなったかなぁ?
と思ってたけど、やっぱり入ってなかったね(><)

にゃんこさん!ご無沙汰してて・・・ごめんなさいm(__)m
昨日は、ここ見て・・・3冊予約したのよ~♪o(^-^)o
時々おじゃましていろいろ参考にさせてもらってます!
それから・・・ろくチンの写真も頂いているのだぁ♥
Commented by nyanko4116 at 2006-11-16 21:05
>のんのんママさま
エキサイトブログ、ここんとこ不具合が続いています。
自分のブログにエントリーできなかったり、トラックバックがつかなかったり。
2回もコメント入れてくれてありがとうm(_)m
そうそう、『照柿』!アレルギーの刑事さんが出てくるやつです。
ジリジリ焼け付く太陽と、溶鉱炉の灼熱の熱さと・・・
読んでいて夏バテしそうになりました(?!)
活字中毒気味のワタクシ、手当たりしだい
無節操に読みまくっております(笑)
こんな読書日記にいつも付き合ってくれてありがとう(^o^)丿
Commented by nyanko4116 at 2006-11-16 21:15
>ジャムさま
ジャムさ~~ん、久しぶり~~~(^o^)丿
元気だったかい?
ずっと見てくれてたんだね(ありがとうm(_)m)
エキサイトブログ、最近調子悪いのです・・・
せっかくコメント入れてくれたのにごめんね。
ジャムさんが選んだ本、3冊はどれだろうな~?
興味津々(^o^)♥
また気が向いたらコメントちょーだいね♪
Commented by ちゅぱ at 2006-11-27 21:44 x
朱川さんの「花まんま」読みました
にゃんこさんのおススメのとおり、ちょっと怖くてそれでいてあっつたか~い
いいお話でした。
「水銀虫」読むのがたのしみです。
オール読物12月号に石田衣良さんと朱川さんのアキバ探訪記載ってます。
衣良さんはかっこいい。。。。
朱川さんは三大成人病が心配・・・・・・
Commented by nyanko4116 at 2006-11-27 22:32
>ちゅぱさま
ムムム・・!朱川さんてもしかしてメタボリック系なんですか?!
(書いてる文章は物凄く繊細だけど・・・)
オール読み物立ち読みに行かなくては!
衣良さんはかっこいいですよね。
人柄の良さが顔に出ています。
水銀虫は、花まんまよりちょっとだけコワイ度がアップしています。
でも止まらない面白さですよ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2006-11-13 19:23 | 読書日記 | Comments(6)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る