『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』

f0065768_21283716.jpg

『ボクの一番大切な人
ボクのために自分の人生を生きてくれた人。
 ――――ボクのオカン』






リベンジです。
原作を読んで一滴の涙もこぼれなかったアタシは、
映画では必ずや泣いてみせようと
大きめタオルハンカチを握り締め、意気込んででかけました。
f0065768_21371119.jpg

観客のほとんどがストーリーを知っているだろうにも関わらず
途中からあっちでもこっちでも『グスン、グスン』
そのうち『ヒック、ヒック』としゃくりあげる声まで聞こえてきました。
大好きなお母さんが死んでしまう話なのだから
そりゃあ、悲しいに決まってる。
でもワタシは案の定、最後まで涙は流れませんでした(がっかり)

f0065768_21415917.jpg

映画はシミジミと良い作品に出来上がっていました。
オダギリジョーはリリーさんの雰囲気にぴったりだったし
樹木希林も実の娘の内田也哉子もその存在だけで見る人をひきつけてしまうオーラに溢れていました。
今でも目に浮かんでくるような、印象的で美しいシーンも数多くあり
オダギリジョーのナレーションも耳に心地よく響いてきました。
f0065768_21514910.jpg

読書日記や映画日記を書いていていつも思うのですが
私がどんなに感激したり感動したりした本でも
他の人にとっては、『へ?どこが面白いの??』っていうことが普通にあるわけで
『面白いよ!』と自信をもって薦めるなんてことは実は不可能なんですよね。
まぁ当然反対に、人から面白いと薦められた映画や本でも
私にはまったくつまらなかったということも当然あるわけですけどね。
f0065768_2159204.jpg

そう、大評判になっているこの映画も
私にとっては残念ながらあまり感動できる映画ではありませんでした。
さっきも書いたように、ストーリーに今更ドキドキさせられることはないわけで
上京してきたオカンが、東京タワーの見える病院で死んでしまう事はわかってしまっている。
そうするとこの映画で泣けるか泣けないかの差は
もう、主人公にどこまで感情移入できるかということにかかっているんですね。
・男であるか女であるか(おじさんの泣き率高し)
・結婚までに親から離れ一人暮らしの経験があるか
・現在親と遠く離れて暮らしているか。
・親を亡くした経験があるか。
一つでも当てはまれば間違いなく泣ける映画です。
そして、たとえ泣けなかったとしても
上質のいい映画であることは間違いないと思います。

最後に一言。。。
たくさんのいい友達に囲まれて暮らしている息子の姿を見ることができたオカンは
絶対に幸せだったと思います。
Commented by カビゴンパパ at 2007-04-24 02:20 x
そうだったのか・・・単に涙が出ないだけだと思っていました。
ここまで分析していたとは!  因みに小生は「半落ち」以来涙腺が緩みぱなしの中年オヤジでございます。
あっそうそう、ロクは「二歳半です」よりもうすぐお兄さんの3歳ちょっと前ですに変更されたし。
Commented by nyanko4116 at 2007-04-24 14:15
>カビゴンパパさま
まぁ、またしても!いつの間にコメントを?
昨日は確か深夜に酔っ払って帰宅し、
あっちゅうまに寝てしまったハズ( ̄▽ ̄)b・・・
え~っと、投稿時間は?。。。2時かい!!
そんなことしてないで、寝ろってば。
『半落ち』、一滴も涙をこぼさずスクリーンを見ていたアタシの横で
そう言えばあなた、号泣してらっしゃったわね。。。
たぶん『東京タワー』も大泣きよ。
この映画で、心の垢を洗い落としていらっしゃいな。
(ろくチンの年齢直しときましたm(_)m)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2007-04-22 22:17 | 映画日記 | Comments(2)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る