読書日記No.65

f0065768_2157492.jpg

ななチンただいま5ヶ月半。
体重: 1.3kg
特技: ひとり遊び・・・





ななチンはとっても遊ぶのが上手。
ひとりで(一匹で?)おもちゃを相手にずっと遊んでいます。
ろくチンがななチンくらいだったときには
しょっちゅう『抱っこして!』とせがまれて、少しは一人で遊んでくれないかなぁ。。。
なんて思っていたものでしたが・・・。
同じ犬種でも性格は色々ですね。

ちなみに私も赤ちゃんの頃から手のかからない子で
放っておいてもず~っと一人でニコニコと遊んでいたそうです(ななチンと一緒♪)

もちろん今でもそうですよ♪
本さえ与えておいてくれたら、ず~っと一人でニコニコ読んでますから(笑)

では、読書日記です。



一冊目・・・本日のイチオシ。
高野和明 作 『幽霊人命救助隊』
f0065768_16452373.jpg

自殺をし、成仏できずにあの世とこの世の間を漂っていた4人が
ある日神様から『49日間に100人の自殺者の命を救えたら成仏させてやる!』
(この神様、かなりファンキー)と話を持ちかけられる。
地上に舞い降りた4人は、とまどいながらも懸命に自殺者の命を救おうと奔走するのでした。
何しろ今の日本は、年間の自殺者が3万人もいるんだそうです。
だから4人の仕事も大忙し。
朝の通勤電車に乗れば、あそこにもここにも黄色信号の人が・・・。
原因はうつ病だったり借金だったりリストラだったりと
きっと100人いたら100様の理由があるんでしょう。
4人の救助隊員たちは何人もの自殺志願者の心の悩みを聞き解決していくうちに
自分達も本当は自殺なんてする必要がなかったんじゃないかと気付くのでした。
ただ生きていたいと心の底から望んでも
もう失った命は戻らないことに気付き激しく後悔する四人。。。
文章はコミカルで読みやすいので一気に読めます。
・・・というよりも、読み出したらとまりません。
オススメです。



2冊目・・・片川優子 作 『佐藤さん』
f0065768_17181850.jpg

う~ん。。。まいった。
才能というのはこういうことを言うのですね。
この小説、作者が中学3年生のときに書いたんだそうです。
(現在は大学生になっているらしい)
おもしろいんですよ、とっても。
主人公の高校生の男の子は同じクラスの『佐藤さん』という名の女の子の事が
とっても怖いんだそうです。
ちなみに佐藤さんは見境なく暴力をふるうとか、とんでもなく口が悪いとか
実はセーラー服に機関銃を手にした目高組の組長だとかいうわけではありません。
いたって普通の可愛い女子高生です。
ではなぜそんなに佐藤さんが怖いのか?
ぜひこの本を手にとってその理由を探して見て下さい。
我々大人が思っているほど擦れているわけでも打算的なわけでもなく
大人が思っているよりずっと大人な中学高校生の姿に出会えるこの本。
夏休みなので、小学生(3年生以上)~中学生の読書感想文にオススメです。


3冊目・・・安東みきえ 作 『頭のうちどころが悪かった熊の話』
f0065768_17475068.jpg

なんて素敵な題名の本なんでしょう。
頭のうちどころが悪かった熊さんがいったいどうなってしまうのか・・・
もう読まずにはいられません( ̄皿 ̄)!!
。。。てなことで読んでみましたが、
題名を裏切らないシュールでとっても素敵なお話でした。
分類でいえば童話です(たぶん)
でも動物さんたちが繰り広げるフワフワとして優しいお話の中に浸っていると
突然足元をすくわれます。
そのすくわれ方がちょっぴり意地悪で可愛くて心地よい。
ところどころで『クスッ』とこっそり笑ってしまうような場面があって
なんだかワタシ大人になって良かったなぁと・・・。
だって大人にならないとこういう面白さは味わえなかったもの。きっと。
小学校低学年から読めます。
そのくらいの年頃の子が読んだら
たぶん大人が読むのとまったく違う世界がそこに見えるんだろうと思います。
そんな感じの本、
夏休みぜひ親子でどうぞ。


4冊目・・・林真理子 作 『私のスフレ』
f0065768_1854579.jpg

一時期林さんの小説に、どっぷりはまった時期がありました。
(『不機嫌な果実』の頃)
最近は、毎回主人公を替えては出てくる女性の底意地の悪さに
ちょっと嫌気がさし、ご無沙汰してました。
で、この本ですが女性読者からの評判がとてもいいそうです。
中学生から大学生の頃までを振り返ったエッセイなのですが
面白おかしく書かれたいつもの調子のエッセイではなく
『みじめで、暗くて、汚くて、自意識過剰だった』時代の林さんのお話です。
中学生のときに受けた『存在自体が人から嫌われた』という
半端ではないイジメ。
豊かとは決して言えない家と、誰からも声すらかけてもらえないような
容姿に対する強烈なコンプレックス。
『こんなこと、書いちゃっていいの?』と心配になるくらい赤裸々です。
私がちょっとひっかかったのが
何度か出てくる
『女と言うのは、15歳の時にクラスでどういうポジションにいたかということで
(その後の人生の)すべてが決まってしまう』
という表現。
本当にそんなことがあるのでしょうか。
それって自分を格付けすることと同時に、他人も
『あなたはこのへんのレベルの人間よ』って格付けして見ているってことですよね・・・。
(微妙)
林さんが書く小説に出てくる女の人が
収入や容姿で必ず相手を値踏みするのはこんなとこにルーツがあったのか!?と、
複雑ながら納得です。




5冊目・・・勝田小百合 著 『アンチエイジングの鬼』
f0065768_003951.jpg

職業、カイロプロテクターにして美の達人。
美容部門のブログでアクセス数第1位をほこるカリスマブロガーが教える
キレイになる秘訣の数々。
(読まなきゃソンソン)
でも読んだからって、実際にその通り実行できなきゃ意味ないし・・・。
ま、おやつさえやめられないアタシにはとてもじゃないけど無理だな。
実行できるかどうかは別として
美容整形や注射で瞬間的に若さを取り戻すより
毎日の過ごし方や食べ物で美を保とうとする考え方には
激しく同意。
しかし、老けない・若い!を追求するよりも
老けてるしもう若くはないけど、何だかキレイ。。。って感じになりたいな。
(そっちの方が難しい?)
ちなみに勝田さんのブログはこちらです
              ⇒アンチエイジングの鬼』
Commented by ma-ko at 2007-08-14 16:11 x
相変わらず、読書たのしんでいますね。

我家のハヤブサも今は必死に 原稿用紙と鉛筆とでがんばっています。。。。わかるよね?
Commented by のんこ at 2007-08-15 17:04 x
にゃんこさんの読書日記に登場する本は、
ベストセラーや話題の本みたいな、
「誰もがおすすめする本」ではなくて、
とてもにゃんこさんらしい本選びで私はとっても好きです。
『ステキなおばあちゃまになるために、今から心の栄養として読む本』の
オンパレードですね♪
書店では売れ筋の本ばかりが平積みになっているし、
図書館でもなかなか読みたい本が見つからないので、
いつも参考にさせてもらっています。
Commented by nyanko4116 at 2007-08-17 19:25
>ma-koさま
エキサイトブログはアクセス解析がほとんどできないのですが
検索キーワードは見ることができます。
ここ数日『読書感想文系』のキーワードで検索してくる人が
急増しています。
皆さんご苦労なさっているようで・・・(笑)
しかし私の読書日記、感想文を書くには
ほぼ役に立たないと思われ申し訳ない限りですわ。
はやぶさ君は着々と宿題を終わらせているんですね!
エライ!
我が家は31日の夜またしても私の怒声と
ウッキーの泣き声が交差する事まちがいなしです。
(ハア~(*´Д`)=з)

Commented by nyanko4116 at 2007-08-17 19:45
>のんこさま
乱読なのでハズレも多いのですが、
ここで紹介している本は良くも悪くも印象に残った本ばかりです。
でも読み終わったとたんに内容を忘れてしまうような本が
私の脳の老化具合を差し引いても、
最近増えているような。。。
巷には本が溢れているけれど、
本のチョイスは益々真剣勝負になりますよね。
>『ステキなおばあちゃまになるために、今から心の栄養として読む・・・』
私の本選びって基準がそこかもしれません!
(人に言われて気付いたわ~(笑))
『頭のうちどころが・・・』は『子どもに戻って読んでみたかった!』と思わされる本でした。
気が向いたら読んでみてください( ´ー`)♪
Commented by のんのんママ at 2007-08-17 23:55 x
出遅れてしまった~~~~!ごめりんこ~~~!
読書日記だったのに、こんなに遅くなっちゃったよ~。
高野和明さんって、あの「13階段」を書いた人よね?
へ~、この小説は知らなかったわ!
今度、是非リクエスト入れておくわ!
「頭の打ちどころが悪かった熊の話」(笑)
うちの姑さんも「頭のうちどころが悪くて」手術になっちゃいましたしね(笑)
なかなか興味をそそられる本だねー!
林真理子さんのエッセイの中の言葉だけど、私もにゃんこさんの意見に賛成だよ。
っていうか、私、15歳の時って何してたんだろ?よく覚えてないんだけど(笑)
たった15歳の時のポジションで、すべて決まってしまうなんて
思わないし、思いたくないよー。
第一、ポジションっていうのもなんか変だな。
で、アンチエイジング。
あ~、このお盆休み期間中(私にはお盆休みはないけど)
なんか疲れて、肌も体も5歳は年取ったね・・・(泣)
Commented by nyanko4116 at 2007-08-18 00:49
>のんのんママさま
そうそう。高野さん、13階段の人です。
でも、13階段のイメージを頭の中からスパッとなくして読んだ方が
面白いかも。
(13階段よりやや詰めが甘いため)
頭のうちどころが悪くて、ちょっぴり幸せになれる熊さんのお話
なかなか深いものがありました。
林さん、地位も名誉もお金も手に入れた今だからこそ
こんなにさらけ出して書けたんでしょうね。
お肌、早目のケアでどうぞお大事に(*^-^)b♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2007-08-10 21:58 | 読書日記 | Comments(6)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る