『ミス・ポター』

f0065768_18565214.jpg

来週の上映終了日を前に滑り込みセーフ。
間に合ってよかったぁ。




ピーター・ラビットでしょ、イギリスの湖水地方でしょ、
ロンドンの優雅な上流階級のお屋敷でしょ・・・
もう老若を問わず女性の好きな物てんこ盛りの映画でした。
f0065768_19181589.jpg

ちょっと前まで憧れだったピーターラビット君。
なぜか近所のサ○ィやイトー○ーカドーといった
庶民的スーパーの売り場でふつうに見かけるようになり
そのカリスマ性がやや失墜してしまった感はありますが、
やはりあの小さな絵本に出てくる愛くるしい動物達は
子どもの頃からの憧れでありました。
f0065768_19292225.jpg

この映画のテレビCMを見ていたら
アニメのピーター・ラビット君がが登場し、ポターの周りをちょこちょこと動きまわっていたので
『もしかして、夢一杯のファンタジーなのか?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:』
・・・という一抹の不安を抱きつつの鑑賞でした。
ところがどっこい!!
f0065768_1937254.jpg

映画のメインは
『女性は家庭に』という封建的な風潮の中、
自分の生き方を強い意志と骨太な精神力で切り開いた
『ポター』という女性の姿を力強く描いたものでした。
f0065768_19162943.jpg

好きな絵を描くことで自立しようとするポターと
なんとしても娘を家庭の中に押し込めたい母親。
娘の社会的成功を喜べない母との確執や最愛の婚約者を病気で亡くしたショックから
彼女はロンドンのお屋敷を出て、ひとり湖水地方の農家で暮らし始めます。
f0065768_194613.jpg

湖水地方の美しさを守るため彼女は絵本の売上げで地元の土地を買い上げました。
今その4000エーカー(16km²)の土地はイギリスの湖水地方国立公園の一部になり
当時のままの美しさを留めているそうです。
f0065768_19183161.jpg

世の中にはお金より大切な物がたくさんあることを知っていたポターの人生は
美しい自然や本当に自分にとって大切なものを守り抜いた
真の意味で高貴なものでした。
そんな彼女の人生をのぞいた目で、もう一度うさぎのピーター君を見てみると
青いジャケットを着込んだ彼が一段と愛らしく見えてくるのでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2007-10-17 19:28 | 映画日記 | Comments(0)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る