読書日記No.68

f0065768_19162649.jpg

りんごが大好物のおふたりさん。
香りのいい紅玉も今が旬。
にほひチェックにもいつもより力が入ります(笑)






今日から11月です。
もう11月ですよ!11月!!
私の中のカテゴリーで、11月はすでに年末です。
とりあえず急いで年末大掃除のスケジュール表を作らねば。
(出来上がったスケジュール表、あまり役に立ったためしはないんですけどね・・・)
何となく気忙しくなってくる季節ですが、
今週は読書週間だそうです。
ふだんあまり本を読まない方もこの機会にぜひ一冊♪


では、今日の一冊目・・・岡田 斗司夫 著 『いつまでもデブと思うなよ』
f0065768_1614273.jpg

著者の岡田氏、独自の理論と分析で
何と一年の間に50kgもの体重を落としたツワモノ。
運動はイヤ、厳しい食事制限もイヤ、お金がかかるのはイヤ、カロリー計算なんて絶対イヤ・・・
そんな岡田氏が発見した最強最楽のダイエット方法は
『レコーディングダイエット』というものでした。
詳しい方法は読んでいただければわかるですが、
この本のすごいところはその説得力。
頭で納得できないと行動に移せない頭でっかちな文化系タイプの人(ワタシもそうだが)には
ぴったりの方法だと思います。
何故今それをするのか、してはいけないのか
懇々と繰り返される説明を読んでいるだけで、
なんだか痩せられそうな気がしてくるから不思議です。
そうそう・・・これは余談なんですが
ワタシもやっと真剣に見た目を何とかする気になりましたのよ♪
名付けて『イチロー式ダイエット』
その方法は・・・
ある晩ワタシの夢の中にイチロー選手が登場し
いつものあの無表情&人を食ったような顔でこう言ったのです。
『確かキミはボクの奥さんと同い歳だったよね。
 ボクの奥さんはあんなに若くてキレイなのに、
 いったいキミはどうしちゃったんだい?』
ひょえ~~~~(((゜д゜;)))!!
そうりゃもう夢の中で、ワタシ謝りまくりましたもの。
『ごめんなさい、ごめんなさい。
 これからなんとかしますから!!』
イチローに言われたらこれはもうなんとかするしかないでしょ。
(同じことを他の人に言われたらぶっ飛ばすが)
朝目覚めたワタシの心の中にはしっかりとイチローとの約束が残っていたのでした。
(家族にはアホな目で見られましたが、これは実話です)


つまらない話はおいといて・・・
二冊目・・・東野圭吾 作 『赤い指』
f0065768_16362812.jpg

面白かったです。
推理小説としても面白かったけれど、
人間ドラマとしても充分に読み応えのある作品でした。
サクサクっと読めてしまう長さなので、
読書週間に因んで何か一冊・・・と言われたら
これをオススメします。
ラストに、読み出したら止まらない面白い展開がまってますよ!
ぜひどうぞ。


三冊目・・・海野 碧 作 『水上のパッサカリア』
f0065768_1649276.jpg

第10回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞したこの作品。
超ハードボイルド系か?と思わせる『オレに惚れるなよ』系の主人公の登場に
心の中じゃ、ちょっとファイティングポーズで身構えたりもしましたが
あにはからんや、どんな悪者達にも負けない腕前のはずの主人公は
最後まで誰も殺さず誰も裏切らず一途に恋人を思い続けるという
ハートフルな心の持ち主でした。
亡くなった恋人とのラブストーリーも謎解きと同時進行で語られていき、
恋愛小説としてもなかなか。
面白かったですよ♪



四冊目・・・永井するみ 作 『カカオ80%の夏』
f0065768_17334994.jpg

大人の女を書かせたらピカイチの作者が、
めずらしくティーン向けに書いた女子高生が主人公の冒険小説です。
漫画のセリフの部分だけを集めたようなものが
携帯小説として脚光を浴びたりしてますが、
お若い皆さん、どうせ読むならこう言う小説を読んでみませう。
主人公の三浦凪、かっこいいです。
孤独を恐れず、群れず、でも人情に厚い彼女は
行方不明になったクラスメートを探し、ひと夏の冒険に挑みます。
小学校高学年くらいから大人まで楽しんで読めますよ。
永井さん、ぜひ続編を!



五冊目・・・森見登美彦 作 『夜は短し歩けよ乙女』
f0065768_17515032.jpg

ものすごく変な小説です。
そして変な分だけ強烈にノスタルジーを感じます。
『最近の小説はどれもこれも似たようなストーリーばかりだわ・・・』
と感じていらっしゃる方がいたら、是非この本を読んで見て下さい。
先斗町、下鴨神社、鴨川・・・といった京都の街を舞台に
変人の一言では片付けられないくらい変人、かつ愛すべき京都大学の学生が
八面六臂の活躍をします。
なんとなくノスタルジーを感じたのは、
携帯電話も持たないような一昔前の大学生っぽい彼らのキャラクターと
ちょっと古風な(やや取っ付きにくい)文体のせいかと思われます。
きけばまだ作者は20代だとか!
次の作品を読むのが楽しみだわ♪



六冊目・・・ひろゆき(西村博之)著 『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』
f0065768_1862051.jpg

この本を電車の中で読んでいたら、
OL風のオネエさんに突然『それ面白いですか?』と声をかけられました。
読み始めてすぐだったので『面白いですよ』と答えましたが。
読み終わってみたらそうでもありませんでした。
(オネエさんごめんよ)
なにせこの本、一番最初に
『なぜ2ちゃんねるは潰れないのか』という結論が理由と共にポンと書いてあるんです。
で、その後は題名とはあんまり関係ないようなネット界のお話があーたらこーたら書いてあります。
だからその辺の事情に興味がある方には面白いのかもしれませんが。
『自分が逮捕されて2ちゃんねるがなくなっても、きっとすぐにまた同じような物が作られるだろう。
それは人がそういう場を必要としているからだ』
という、2ちゃんねるの管理人であるひろゆき氏の考えには
納得できるものがありました。
ネットがらみの犯罪が起きるたびに名前が出てくる2ちゃんねる。
なぜ潰れない(潰されない)か読んでみたい方は是非立ち読みして
最初の数ページを読んで見て下さい。


(あ、そうそうワタシ別にイチローのファンではありませんので。念の為。)
Commented by のんこ at 2007-11-01 21:39 x
おお~、
「いつまでもデブと思うなよ」
まさかにゃんこさんが読んでいたなんて(にゃんこさんには必要ないと思いますけど)!
私もこれ読みたいんですよ~。
ここを読んで、ますます興味深々です。
しかし!
「女性の品格」が布団の脇にもうかれこれ3ヶ月以上も置いてあるワタシ(残り30ページも無いと思う)、
次の本に取り掛かるのはいつ?!

東野圭吾氏の本は、
ドラマでやってるので雑誌にもあちこち出てますネ。
読書週間に因んで読んでみようかしら。
本を選ぶだけでワクワクしちゃいます。
が、なかなか読めない自分が歯がゆいです~。
Commented by のんのんママ at 2007-11-01 23:26 x
「赤い指」「水上のパッサカレア」読みましたー。
「赤い指」おもしろかったぁ~~。
東野圭吾にハズレはないわっ。
「夜は短し歩けよ乙女」題名聞いただけでも
変なにおいがプンプン(笑)
鴨川だの先斗町だの下鴨神社だの、なじみの名前ばかり出てきて
興味津々ですけどっ。
秋が深まってきた近頃、読書にはサイコーの時期だね~。
夜長にひざ掛けくるっと巻いて、ゆっくり読書するのが大好きだな~。
Commented by とらかぁちゃん at 2007-11-01 23:36 x
取説の読書感想文なら書けます。。。
最近まったく本とは無縁になっとります。
以前は結構な読書家だったんですよ!(誰か信じてぇーー)
その影響をうけただろう息子は小学校の頃、
卒業までに学校の図書館の本を(図鑑、辞典などを除く)全部読んだらしいです。
担任の先生にただ一つ褒められた事です。
こうやって書くと聞こえのいい息子ですが…
それ以外で何度呼び出しをくらった事か・・・(涙)
Commented by のんのんママ@続き~ at 2007-11-01 23:38 x
「いつか陽のあたる場所で」読みましたよ。
読み始めはイマイチかな~と思ったんだけど、どんどんおもしろくなっていった。
終わり方が続編がありそうな感じだったの。
芭子と綾香のその後が気になる~~。

荻原浩さんお「サニーサイドエッグ」
これまたおもしろかったよ!
笑える!展開もおもしろいけど、セリフ回しが傑作。
それにしてもこの荻原さん、作風が色々あって
不思議な作家さんだわぁ~!
で、現在は柴田よしきさんの「水底の森」を読んでる最中。
話の展開についつい引き込まれます。
どんなふうに話が転がっていくのか、楽しみ~。
Commented by nyanko4116 at 2007-11-02 17:46
>のんこさま
『いつデブ』面白いですよ。
もしかしてこの本が世の中のダイエットの常識を覆すかも!!
(ちょっとオーバーでしたわ・・・)
『女性の品格』ワタシも読みました。
昔から言われてるようなこと&常識的なことが正しく書いてあり
眠くなることしばしば・・・。
改めてこういう本が売れているということは、
そうでない人たちが増えているってことですかね。
『赤い指』はたぶんサラサラっとあっという間に読めちゃいますよ。
スキマ時間にぜひどうぞ♪

Commented by nyanko4116 at 2007-11-02 17:52
>のんのんママさま
そうそう♪
秋の読書にはひざ掛け(できればチェック柄が良い)が必需品ですね。
隣にアツアツの紅茶ポットが置いてあればさらに良し。
(実際にはデレ~っとあられもないカッコで読んでるんですけどね・・・)
「いつか陽のあたる場所で」ワタシも早く読みたいよ~。
柴田さんは今、
『やってられない月曜日』と『小袖日記』が予約中です。
『水底の森』面白かったら予約するから教えて下さ~い。


Commented by nyanko4116 at 2007-11-02 18:00
>とらかあちゃんさま
取説!!(爆)
『この取説はとても見た目がカラフルで分かりやすく・・・』とか?(笑)
坊ちゃん、図書館本全制覇!すごいではないですか!
子どもを本好きにすることが、
ワタシの子育ての重要ポイントでした。
たくさんたくさん本を読んで聞かせたウッキー君は、
たくさんたくさん漫画を愛する少年に成長いたしました。
(愛読書は少年ジャンプ)
呼び出しは。。。今んとこセーフです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2007-11-01 18:29 | 読書日記 | Comments(7)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る