学び

f0065768_1645731.jpg

『乳幼児・児童の心理臨床』
その15回目である最終講義は
故・河合隼雄先生の生前のVTRによる授業でした・・・





生涯を子どもの幸せのために尽力なさった河合先生の
言葉の一つ一つが胸に沁みて堪りませんでした。
病に倒れられる直前に収録された言葉だと思うと
余計に心に迫り来るものがありました。
f0065768_17111793.jpg

授業を受けながら感動で泣けてきたことなど
私の人生の中で、今までに一度でもあったでしょうか・・・。
この授業を学べたということだけでも
もう一度勉強を始めてよかったと思えます。

今、私の目の前で
今年のセンター試験の問題を解きながら
『やべ!全然わかんねぇ。。。』
と焦りまくっているそこのウッキー君、
f0065768_1717873.jpg

君もいつかそんな授業を
一度でも受けることができたらいいね。



さて、勉強勉強!
夜はまだまだ長いのだ。。。
f0065768_17205511.jpg




この宇宙の中に子どもたちがいる。
これは誰でも知っている。
しかし、ひとりひとりの子どもの
なかに宇宙があることを
誰もが知っているだろうか。

それは無限の広がりと
深さをもって存在している。
大人たちは、
子どもの姿の小ささに
惑わされて、ついその広大な宇宙の
存在を忘れてしまう。

大人たちは小さい子どもを
早く大きくしようと焦るあまり、
子どもたちの中にある広大な
宇宙を歪曲してしまったり、
回復困難なほどに破壊したりする。

このような恐ろしいことは、
しばしば大人たちの自称する
『教育』や『指導』や『善意』
という名のもとになされるので、
余計にたまらない感じを与える。
(河合隼雄『子どもの宇宙』より)


その子の生きる力を大切に
子どもの宇宙を信頼して接する
大人も子どもも共に感じ
共に生きていくという姿勢を持ったときに
子どもの可能性は進展し
大人も成長するのだ。
(乳幼児・児童の心理臨床 第15回講義『たましいの働き』より)

Commented by のんこ at 2008-01-27 00:03 x
我が身に照らし合わせてみるだに、
反省するばかりの先生のお言葉です。
明日こそいい親でありたいと思う私です。
それにしても、
学生時代に思う存分勉強できる環境にありながら、
なぜ学生は勉強しないのでしょうか・・・?
私の学生時代も、
吹奏楽に明け暮れてしまい、
今になってあのときのあの小説この小説(某文学科だったもので)、
きっちり読んでおけばよかったのにと思うことばかりです。
今の感性で読んでも、
あの年代の思いとは全く違うでしょうから。
Commented by nyanko4116 at 2008-01-27 21:32
>のんこさま
私もこの勉強をはじめてから
我が身を振り返って、ぴよちゃんやウッキー君に
『悪かったねぇ・・・』
と謝ることが増えました。
子ども達は『何が?』と不思議がってますが(笑)
もっともっと子どもの世界を大切にしてあげられたんじゃないかと
母は今頃になって反省しているわけです。
最近、良質の児童書やジュニア向けの小説が増えてきて
読むたびに、『子どものときに読みたかった!!』と
悔しく思うことしばしばです。
のんこさん文学科だったんですね(初耳!)
あの頃はもう遊ぶのに一生懸命で・・・。
それもまたいい経験ではあったんでしょうけど、
やっぱり私ももっと勉強しておけば良かったと思います。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2008-01-25 00:19 | お家でにゃんこ | Comments(2)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る