『テラビシアにかける橋』

f0065768_13383422.jpg

原作はアメリカの児童文学です。
国は違っても、子どもの頃の思い出って
おんなじようなものだったりするみたいですよ。





映画を見ながらず~っと、
『この主人公の女の子、絶対どこかで見たことあるぞ・・・』
と、思いながらとうとう最後まで思い出せず。
f0065768_13482385.jpg



帰宅後さっそく調べてみると、
な~んだ、『チャーリーとチョコレート工場』で
ママとお揃いの水色のジャージ着て、
ガムをクチャクチャして最後にグニャグニャになった子じゃないの!
f0065768_1445332.jpg

                     (↑↑参考資料)
う~ん、大人になってますますきれいになったねぇ。
(おばちゃんはうれしいよ)



子どもの頃、
アメリカ人と言うのはみんな美男・美女ばかりで、
みんな広くておされ~な家に住んでいるんだと思ってました。
なぜならそう言う映像しか見たことがなかったから。
f0065768_14134485.jpg

今でこそ
街を歩けばそれなりの風貌のアメリカ人だっているんだということはすぐ分かり、
お金持ちじゃないアメリカの家だってあるんだということも
容易に想像ができますが、
当時の私がこの映画を見てたら少なからずショックを受けていたと思われます。

f0065768_14143021.jpg

主人公の家は子沢山で貧しく
どのくらい貧しいかと言うと、
お姉ちゃんが履き古したピンクのスニーカーを
主人公の少年が学校に履いて行かなければならないくらい。
両親は常に暗い顔でお金の心配ばかり、
家の中には貧しさからくる投げやりな倦怠感が支配しきっているのです。
f0065768_14111790.jpg

学校でもクラスメートからいじめられ
スクールバスの中では上級生からいじめられ
どこにも居場所がなかった少年を
同じクラスに転校してきた少女が心の避難場所へと連れ出してくれました。

f0065768_14171189.jpg

二人が作り出した王国『テラビシア』
ここで少年は国王であり少女は女王となり
魔物と勇敢に戦い、どこまでも速く走り 高く飛ぶことができるのです。

f0065768_1419923.jpg

な~んだ、空想の世界のおはなしかい。
・・・などとあなどってはいけません。
そこで過ごした時間が、
子どもにとって辛い現実の世界を
乗り切っていく力を与えてくれるのですから。
そういえば、子どもの頃秘密基地作ったよなぁ・・・。
f0065768_14542759.jpg

ストーリーを知っていても
やっぱり途中から悲しくて泣けてきました。
キラキラのこの少女の笑顔のせいかと思われます。
f0065768_14364668.jpg

子どもの生きてる世界は
決して夢いっぱいのファンタジーじゃない。
辛くても逃げ出すすべがないから
空想という安全で自由な世界を自ら作り出す。
子どもにとっての遊びは、やはり何より大切です。

そろそろ上映終了してしまう時期ですが
映画館ではなくても楽しめる内容なので
DVDになったらぜひどうぞ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2008-02-21 20:07 | 映画日記 | Comments(0)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る