読書日記No.79

f0065768_1452072.jpg

ひと雨ごとに秋が深まっていくようです。
雨が上がるのを待ってお散歩に出たチワワさんたちも
なんだか寒そうに見えます。






雨上がりだったせいか、外に出たら
キンモクセイの香りが
ぶわ~っと漂ってきました。
とても甘くていい香りなのに
ワンコたちは電信柱の匂いに夢中・・・。
一匹ずつ抱っこして花の匂いをかがせてあげましたが、
いいにおいがちゃんとわかったかな?



さて、本日の読書日記1冊目・・・有川 浩 作 『阪急電車』
f0065768_20475938.jpg

関西には阪急電車という電車が走っているそうな。
この本はその阪急電車の今津線を主人公にした物語です。
宝塚駅から始まり終点の西宮北口駅まで8つの駅、
それぞれの駅を舞台にあったかくって、ほろりとするような話が登場します。
この本の面白いところは、
前半で電車を舞台に色々な人間模様を見せてくれた登場人物たちが
後半、半年後の設定で今度は終点の西宮北口駅から折り返してくる電車に乗って再登場してきます。
『あの女の子は、ちゃんとサイテーの彼氏と別れることができたのかな?』とか
あの電車の中で出会ったカップルはその後うまくいったのかな?』とか
知りたかったその後の登場人物たちの様子を見せてくれるのです。
とっても可愛い小説です。おすすめ。





2冊目・・・道尾秀介 作 『ラットマン』
f0065768_204626100.jpg

ネズミのお面をかぶった表紙がなんだか不気味で
手に取るのを少々ためらった本でしたが
読んでよかった!!
(勝手にネズミ男の話じゃないかと想像して敬遠してました)
バンドを組む4人の仲間がスタジオという密室で殺人事件に遭遇します。
その謎と、主人公が子どもの頃に遭遇した事件の謎とが
同時進行で語られていきます。
結末では
『え~!』
『え゛~~!!』という展開が待っていて(なんのこっちゃ)
読んでいるこちらの予想を、気持ちよく裏切ってくれますよ。
本日紹介する本の中では飛びぬけておススメです。
ぜひ読んでみて下さい。




3冊目・・・桐野夏生 作 『東京島』
f0065768_2042307.jpg

無人島に流れ着いた女一人に男大勢。
島から脱出することはもはや不可能な、
過酷でサバイバルな状況の中での物語。
心安らぐ場面も感動も何一つなく
裏切りや抜け駆け、悪意、差別
ひたすら不愉快な話が続いていきます。
桐野さんはこの小説で何が書きたかったのでしょう・・・。
登場人物たちも皆感情移入して読むには
受け入れがたい人たちばかりで
読み終わったあとも
ジリジリと肌を焼くような直射日光や
飢えと乾き、絶望感
そんな負の感情だけが気持ちの中に残された感じがします。
読み終わったとたんに内容を忘れてしまうような本が多い中
そういう意味では印象深い一冊となりました。




4冊目・・・東野圭吾作 『ダイイング・アイ』
f0065768_20444225.jpg

東野作品にしては久しぶりのホラーでした。
読んでいるあいだ背中がゾクゾク、ゾクゾクっと。。。(ギャ~)
交通事故にあった女性が亡くなる間際に残した
呪いの眼差し。
その眼差しが亡くなったあとも事故の関係者たちに恐怖を与え続けます。
主人公(事故の加害者)が事故に関しての記憶を失くしてしまっていることが
サスペンス色も強めていて、謎解きの楽しみもあります。
途中でやめると怖いので明け方までかけて一気に読んでしまいました。
面白かったですよ。







5冊目・・・桜庭一樹 作 『荒野』
f0065768_2312857.jpg

直木賞を受賞した『私の男』を読んで
この作者にしっかりと苦手意識を持ってしまった私は
この本を読むのにもおっかなびっくりでした。
またあのおどろおどろしい世界が出てくるんじゃないかと
警戒しながら読み進めたのですが
拍子抜けするほど、素直で初々しいお話でした。
主人公は山野内荒野(やまのうちこうや)という名の女の子。
中学に入学する12歳から大人になる寸前の16歳までの4年間のお話です。
一般的に思春期で情緒不安定とされるこの時期に
女の子たちは、背伸びをしたりあえて子どもじみてみたり
誰かを好きになったり嫌いになったり
ついでに自分のことまでも嫌いになってしまったりと、
実に騒々しくもこっそり悩める日々を送っているのですが
この荒野ちゃんは違うのです。
一見大人しそうに見えて、実は聡明でまっすぐに物事を見ることができる彼女は
焦ることなく周りと比べることもなく、
一歩一歩少女時代に別れを告げてゆっくりと大人の世界へ近づいていきます。
大人になった女性が少女の頃を振り返って
『こんな風にひとつひとつ上手に悩んで成長していきたかったな』・・・と思えるようなお話です。
桜庭一樹の印象を180度変えてしまう物語でした。



6冊目・・・ 小路幸也 作 『21 twenty one』
f0065768_2233949.jpg

『21世紀になる年に21歳になる21人の仲間たち』
そんな絆で結ばれた中学校時代のクラスメート21人の物語。
25歳になった彼らの中の一人が
思い出の教室で首を吊って自殺したことから
それぞれが昔を振り返り、心の中に封印していた様々な出来事とも
直面することになります。
この自殺は自分のせいなのではないか
なぜ救ってあげられなかったのかと悩む一人ひとりの姿が
25歳という中途半端な年齢をすごくよく表していました。
あと10年経っていたらきっと
どんなに仲が良かったとしても、
心の奥底に隠された辛さなんて誰にも救うことはできないことを
大人になった心で理解していたのでしょうから。

最後に出てくる自殺の原因がワタシ的には少々説得力に欠けるような気がして
残念でしたが、そういうこともあるのかなぁと・・・。
決して暗~いお話ではなく、むしろ爽やかで心温まるエピソードの方が
印象に残る作品です。
次々と登場してくるクラスメートが21人もいるので
とくに人名を覚えるのが得意な方におススメの一冊です(笑)
Commented by rioryu at 2008-10-07 07:33
2匹の写真、秋を感じさせる落ち葉に濡れたアスファルト・・・
本当に寒そうですね。
キンモクセイの香りがどこからともなく漂うと、本当に秋だなぁと
思います^^

本の話とは全然違いますが、
B’z見逃しました~~~(TT)あ~~~さいあく~~です(TT)
再放送しますよね???しますよね???^^;(笑)
つぶろぐみて(今見て・・・)きゃ~~~と叫んでしまいました^^;
Commented by nyanko4116 at 2008-10-07 21:18
>rioryuさま
あら~、見逃しちゃいましたかぁ(>_<ゞ-☆
稲葉さんの歌に対するストイックな姿勢と
松本さんの妥協を許さない音楽に対する厳しい思いが、
ピリピリと伝わってくる番組でした。
思わず正座して見ちゃいました(笑)
明日の深夜(木曜午前0時55分~1時44分)再放送ありますよ~\(=^▽^=)/
もし見逃したら、ご一報下さい!
DVDにダビングして送りますよん♪
Commented by rioryu at 2008-10-08 08:14
おおおおおお~~!
再放送やっぱりあるんですね☆
でも、すぐに再放送なんですね!(笑)
頑張って、録画してみます!
ニャンコさん、教えてくれてありがとございました!!!
万が一、撮れてないとか時間設定間違ってたとか何か不具合が
生じたら・・・にゃんこさん、よろしくお願いします~(TT)(笑)   
Commented by のんこ at 2008-10-08 18:10 x
東京島、読んだんですね~。
私も読みたい本です。
新刊本として新聞の広告欄で見たときから、
ずっと読みたいと思っています。
でも重い内容みたいでしり込みしてるんです。
ここで見つけてまた興味深々です^^
Commented by nyanko4116 at 2008-10-08 20:53
>rioryuさま
NHKさんのことですから
BSなど、まだまだ数回は再放送があることでしょう(笑)
DVDいつでも送りますよん♪
お気軽にご一報をv(-^^-)v
Commented by nyanko4116 at 2008-10-08 21:03
>のんこさま
『東京島』、私は後味の悪さばかりを感じましたが
友人はすごく面白かったと言っていました。
たしかこの小説で谷崎潤一郎賞を受賞しているんですよね。
私には残念ながら伝わって来なかったけれど
のんこさんには作者の思いが伝わるかも(^-^)b
是非読んで感想を教えて下さい♪
Commented by のんのんママ at 2008-10-09 16:00 x
遅くなっちゃいました!
ここんとこまたネットが切れて切れて(泣)
光ネットにしたのに、どうやら無線ランの方が悪いみたいです。
昨日からはちょっとマシ♪
「東京島」ね、私もちょっと引きました。えー・・・・って(笑)
たしかに、違う意味で印象深い一冊だね(笑)
前評判が良かっただけに、私はちょっと「?」だった(笑)
「阪急電車」なる小説があるんだね~!
阪急って関西だけの電車だったんだ!と今さら気付きました(笑)
関西で家買うとき、「阪急沿線に住みたい」ってけっこうみんな言うのよ。
私、今、直木賞取った井上荒野さんの「切羽へ」を読んでます。
まださわりだけなんだけど、島のゆったりした時間が流れてます。
あ~、また久しぶりに横山秀夫さんの警察小説を読みたいな~!
Commented by nyanko4116 at 2008-10-10 17:40
>のんのんママさま
『切羽へ』私も予約中です♪
(たぶん来年にならないと順番は回ってこなさそうだけど・・・)
『阪急電車』はおすすめですよ~!
私は風景を想像しながらでしたが
関西在住の方にはもっとその雰囲気がダイレクトに伝わって、
楽しめるんじゃないかな。
阪急沿線は憧れの場所なのね。
この小説の中でも、暖かくて素敵な街がたくさん出てきました。
今まで阪急といえばデパートのイメージくらいしかなかったけれど
グ、グ~ンとイメージアップですp(^-^)q
私は今2冊続けて恩田陸さん読んでます♪
Commented by ma-ko at 2008-10-18 20:39 x
にゃんこさんこんばんは


あのね~~
私の別ブログ仲間でSumiyさんという方がいるのだけど
そのお宅に可愛い生後⑥ッ月のチワワちゃんがやってきたんですって

にゃんこさんのブログに遊びに来させていただくかもしれません
よろしいでしゅか?
また

勝手なお願いですが
チワワちゃんのことでご相談というかご質問させていただくかもしれませんが・・・その際はよろしくおねがいいたします。
Commented by nyanko4116 at 2008-10-18 22:57
>ma-koさま
もちろん、大歓迎ですよ~\(*^▽^*)/
いつでも遊びに来てくださいとお伝え下さい。
6ヶ月のチワワちゃん・・・
可愛いだろうなぁ~♪
お知らせありがとうございました(^-^)/
Commented by ma-ko at 2008-10-20 13:43 x
ありがとうございます。

よろしくおねがいしま~~す♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nyanko4116 | 2008-10-06 19:00 | 読書日記 | Comments(11)

今日も笑顔で♪


by にゃんこ
プロフィールを見る